【ウォーキングデッドシーズン2】11話『生かすか殺すか』のネタバレ・感想!デールの最後

ウォーキングデッドシーズン2は人間関係が複雑…

この記事ではウォーキングデッドシーズン2の11話『生かすか殺すか』について、

  • ネタバレ
  • 筆者の感想とTwitterのコメント
  • 個人的なみどころ

を紹介しているのでご覧ください♪

 

前回のウォーキングデッドシーズン2-10話『決闘』では、

シェーンとリックがランダルに生きるチャンスをということで、30キロ以上も離れたところへ連れて行きますがケンカにはなるしウォーカーに追われるしで農場へ引き返すことに。

<スポンサーリンク>



【ウォーキングデッドシーズン2】第11話『生かすか殺すか』のネタバレ

マギーを知っていたランダルを生かすか殺すかどうする!?

ウォーキングデッドシーズン2の11話『生かすか殺すか』のネタバレはこちらから↓

少年(ランダル)の命を守るため、仲間の説得に奔走するデール

ダリルはランダルを拷問に。

しかしなかなか決定的な情報は得られませんが、彼が元居たところは大きな団体だったみたい。

 

リックは彼を処分しようと決定事項のように伝えます。

それに反対したデール

「彼はまだ子供だ!」日没、大人たちで彼の生死を決めようと提案。

 

しかし仲間はリックの意見にほぼ賛成しており、デールはアンドレアに自分に賛成してほしいと…

一方シェーンは内緒で始末しようと言います。

 

デールがは次にダリルのところへ加勢してもらうよう頼みに。

しかし興味がないと一刀両断。このグループはすでに崩壊していると…

さらにダリルはシェーンがオーティスを犠牲にしたことも知っていました!

 

次はハーシェルのところへ。

ハーシェルはリックに任すの一点張り。

デールの説得に全く聞く耳をもちません。

 

シェーンの説得にも行きました。

「俺たちは変わる」と言ったデールの言葉に鼻で笑うシェーン。

「みんなを説得出来たら俺は何も言わない。でもあんたは間違ってる」

 

生死の選択 揺れる心

グレンとハーシェルが話していると、ハーシェルは祖父から父へ、そして自分に受け継がれた時計を見せてきました。

「娘を任せられるのは一人だけだ。受け取れ」

とその時計を手渡されました。

 

そして日没です。

みんなが集まる前にローリと話すリック。

「これが正しい選択だ」と自分に言い聞かすように言うリック。

 

みんなで集まり決をとります。

デールは最後まで「役に立つかもしれない!チャンスをやろう」と言っていますが、

みんな危険は芽は摘んでおこうとします。

 

「若者の命だぞ!助けたんだろ?それなのに拷問して殺すのか!?」

「醜い世界になるぞ!そんな世界で生きたくない!正しいことをしよう」

いったんリックも同調しますが、誰もデールに賛成してくれません。

 

が、彼は正しい。別な方法を考えましょう」と応戦したのはアンドレア!

 

カールの異変

カールは屋根裏から入り、捕まっているランダルが取り入ろうと話しかけてきましたが無表情。

シェーンが割って入ります。

 

ソフィアのお墓の前に行くとキャロルが来て、カールは天国なんかない!信じてるならバカだ!と…

怒ったキャロルから、リックはカールと話しを。

「キャロルに謝れ。あの人を殺すのも?誤りを正すため?」

と言われます。

 

ダリルの荷物をあさっていると銃が出てきて持ち出し森へ!

ぬかるみにハマっているウォーカーと遭遇し、石を投げたりしていると脚がぬかるみから出て追いかけてきました!

銃を手にしますがそんな暇もなく逃げたカール。

 

デール降板!衝撃の最後

ランダルを始末することに決定しましたが、カールが見ていたことで撃てなくなってしまったリック。

「しばらく拘束する」

と聞き、嬉しそうにアンドレアはデールを迎えに。

 

ローリは「いいのよ。それでいい」とハグ。

 

するとデールの悲鳴が!

なんとカールが沼で出くわしたあのウォーカーが襲っています!

みんなが見守る中、最後はダリルが一発…

 

 

【ウォーキングデッドシーズン2】第11話『生かすか殺すか』の感想とTwitterのコメント

ウォーキングデッドシーズン2の11話のタイトル『生かすか殺すか』ってめちゃくちゃ重い(-_-;)

感想とTwitterのコメントを紹介していきます!

ランダルはめっちゃ喋るしダメダメですね。

よくあんなにペラペラしゃべれるな(^^;

仲間の情報をあれだけ言うってことはこちらの情報もバラしそうな男だってことがわからないんでしょうか!?

頭弱いわ~

カールを丸め込もうと必死でしたが、カールは高みの見物みたいになかなかの無表情。

ソフィアのことからだんだんとカールが黒くて冷たい感じになってるのが嫌!

ウォーキングデッド|シーズン2-7話『死の定義』のネタバレ・感想!納屋からソフィアが登場

2020年8月23日

ローリが思っているように、無邪気な子供であってほしいです。

この世界がそうさせたのか、リックやローリの影響でそうなっているのかわかりません。

自分たちが生きるために犠牲はやむを得ない、シェーンみたいな考え方はカールにはやめてほしい。

カールがウォーカーと遭遇したときはひやひやしました。

危ないとは思ってたけどやっぱりなってw

でも逃げ切れて良かった!

その後何食わぬ顔で戻ってきたのには驚きましたが…

アンドレアはどんどん強くなっているし、非情な判断に賛成して意見することもある。

元弁護士なのには驚きました!え?アンドレアが!?ってなりましたw

日没、みんなで意見を出し合う中、最後にデールに同調してたのには驚きました。

だんだんアンドレアも変わってきてる。

これだけ目立ってるから近いうちデールやられるだろうな~って思っていましたが、

シェーンにじゃなくてウォーカーだったか…

しかもカールが始末しなかったウォーカーだったのがまた…よく考えられてる脚本だな!

<スポンサーリンク>



ウォーキングデッドシーズン2-11話 みどころは…

ウォーキングデッドシーズン2の11話のみどころは、

デールがランダルの命を守ろうとみんなの前で発言していたシーン。

 

全員が反対するなか、しっかり自分の意見を発言していてスゴイと思います。

道徳的だし、ウォーカーが溢れているこの世界で、そういう人間は人間らしくて必要だとも思いました。

 

でもこの世界は破綻してる…きれいごと言ってる場合じゃないのもわかります。

いろいろ考えさせられるシーンでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください