【911:LA救命最前線】シーズン3-1話「親子の葛藤」のネタバレや感想、みどころ!

日本でも話題の感動回多め海外ドラマ『911:LA救命最前線』はシーズン3へ!

シーズン2から引き続きマディもエディも登場しますよ~

ここではシーズン3の1話「親子の葛藤」について、ネタバレや感想、個人的なみどころも紹介しています。

 

911:LA救命最前線シーズン2-18話の最終回では、

LAに爆弾入りの小包が届くという事件が多発!

ボビーとアシーナは唐突に結婚。

バックははしご車の下敷きになり、足を負傷し、早く復帰したいというところでした。

<スポンサーリンク>



911:LA救命最前線 シーズン3-1話「親子の葛藤」のネタバレはココ!

シーズン3の予告では津波がきていましたが…

911:LA救命最前線のシーズン3-1話「親子の葛藤」についてのネタバレはココから↓

暴走する車!大切なのは息子?それとも高級車?

マディーのところにはトニーという警察に追われている男の子から電話が。

なんと911し、警察から追いかけられている車はブレーキが故障していて170キロで運転し続けていると!

父親は「僕よりも大切にしている車なんだ!車を守らないと」と(^^;

 

アシーナはボビーたちが乗る消防車を呼び、

マディはトニーの父親と電話を繋ぎ、「とにかくお前に無事であってほしい。車はどうでも良いんだ」

と息子に優しく声かけ。

 

ボビーたちが乗る消防車に衝突させるようにし、トニーは鼻血を出しただけで命に別状はなかったみたい。

命が助かったことで車は大破しましたが親子は笑顔。

 

バックは復帰の試験に合格!しかしまた倒れる!

バックは復帰するために訓練を受けていました。

そして無事合格!復帰です!

アシーナの家ではパーティーが開かれ、みんな集まっていました。

 

カレンとヘンの夫婦は自分たちの子供をつくるための準備中。

 

みんな楽しそうにパーティーは行われていましたが、バックが吐血!

なんと肺塞栓症(はいそくせん)という病気が発覚!

肺と足に血栓が見つかったんです。

「完全に復帰できると思ったが考え直さないといけない」仕事が人生の全てではないからとバックの命の方を心配するボビー。

 

血栓の原因は不明なこともあり、ボビーはバックの復帰を局が認められないと…

ショックを隠せないバック。

5ヶ月も現場に戻るため努力してきたバックはデスクワークなんていらない!と楽な仕事を拒否。

 

老人ホームで性病発生

ボビーたちは老人ホームに。父親が自室に閉じこもっているからと通報があったんです。

お父さんのお腹にはケロイドのようなものが。

パンツを脱がせたチムニーはドノバン症を疑い、肉食性の性病だと!

82歳の父親が性病!?と驚く子供たち。

 

その老人ホームでうつっていたら大変だと、おばあちゃんたちが次々と立ち上がり…(^^;

 

新生児を誘拐!マディ、アシーナは母親救出に

マディや局のみんなは引きこもっているバックを心配。

マディが仕事へ戻ると女性に刺され閉じ込められていると911が!

会話が途切れ、夫の方に電話を。

彼女が妊娠中と聞き絶望するマディ。

 

一方アシーナは怪しい車を発見。

新生児が車に乗っていましたが、顔は真っ青!すぐに911。

子供を誘拐した女は自分の子供だと言い張ります。

母親の行方がわかりません。

 

必死で探し、マディから聞いたわずかな手掛かりを頼りに母親を発見!生きていました!

 

マディとチムニーは子供が欲しいかという会話に。

とりあえず保留~

 

ふさぎこんでいるバックの元へエディが。

「自分を哀れむな」と言われ、クリストファーも一緒に連れてきていて「彼は哀れまない」と。

バックはクリストファーと一緒に遊園地へ。

 

 

911:LA救命最前線 シーズン3-1話「親子の葛藤」の感想はココ!

ここからは911:LA救命最前線シーズン3の1話「親子の葛藤」について、感想はココから↓

 

第1話の冒頭では津波の描写があるためか、オリジナルを尊重してみたいなテロップが出てきました。

ガっと海の水が減り、波が押し寄せてくる光景は恐怖でしかありませんでした。

本当に怖い!

第2話からどうなるのか、先が気になってしょうがない1話のエンディングとなりました。

第1話は事件か!?と思われましたが、まあ事件に変わりはないんですが人命救助の方でしたね。

男の子助かって良かったですが、レアな父親の車を壊したくなくて必死だったので冷静なのかどうなのか…

でも序盤から感動しました。

トニーのパパはキレていましたが、結局息子の命の方が大切だと本人にも言っていて、なかなか感動するなって思いました。

 

新生児が誘拐された事件はえぐかった!

お腹を切られてて車のトランクの中に押し込まれるとか!

でもよく911に電話で来ましたね~助かって良かったですが、描写がエグイ!怖い!

マディは被害者の旦那に感謝されていて、本当にやりがいのある仕事だと実感したと思います。

助かったからよかったですが、逆のこともあるので、やりがいもありつつツラい仕事でもありますよね。

バックはずっと仕事に戻るために努力してきたのにホントしんどいですね。

近々戻れるとは思いますが、ボビーの感じじゃちょっとかかりそうかも。1年くらいみないといけない感じでしたね。

ボビーの気持ちもわかるし、自分も無理に働いていた経験があるためバックが心配なのはわかりますが、バックは自分の人生に生きる意味もなく過ごしていて、やっと自分が輝ける仕事を見つけたのに…

そこはボビーも理解しているとは思いますが…ん~難しい!

 

バックにとったら命=仕事くらいのレベルで、今は仕事しかないのに…

911:LA救命最前線 シーズン3-1話のみどころは…

911:LA救命最前線シーズン3の1話のみどころは、

エディがクリストファーを連れてきて、バックに語り掛けたところがみどころ。

 

確かにエディが言うように命があっただけでも嬉しい出来事です。

でもバックにとったらツラい…

そんな気持ちはありますが、障害のあるクリストファーにとったらバックを哀れだと思わないっていうセリフにいろいろ考えさせられました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください