【911:LA救命最前線シーズン2】12話のネタバレ!救命士チムニー誕生秘話

911:LA救命最前線シーズン2の12話を動画視聴しました!

日本語吹き替えもありますがやっぱり字幕派な私がネタバレを紹介していきます。

 

また個人的な感想やみどころもあるので一緒にご覧くださいね。

 

911:LA救命最前線シーズン2の11話では、

アシーナの強烈なお母さんが登場し、ボビーはタジタジ。

ダグと離婚に向け行動を起こしていたマディはチムニーとデートする予定でしたが…

911:LA救命最前線シーズン2の12話 ネタバレ

刺されてしまったチムニー!

12話は救命士になる前のチムニーの話。

911:LA救命最前線シーズン2の12話のネタバレはこちらどうぞ!

救命士チムニー誕生秘話

お金に困っているチムニー。

職を何度も変えていました。

 

バーのバイト中、火災が起こります。

チムニーが店内はパニックだったのに客を誘導し、負傷者を助けたと大盛り上がり。

 

そのこともあり、チムニーはLA消防局に志願したとチムニー。

「本気なの?危険な仕事よ」

と叔母さんからは心配されます。

合格率はなんと0.3%しかありません!

 

過酷な訓練が始まりました。

 

見事に救命士となったチムニー。

LA消防局に派遣されたチムニーでしたが、チームからは片付けや掃除など雑用を押し付けられます。

 

ある日留守番しているチムニーのところに、心臓発作を起こしたという旦那さんを連れ、奥さんが車で助けを求めてきました。

冷静に対処したチムニー。

心臓発作ではなく消化不良でした(^^;

 

同僚たちはチムニーたちが話しかけても聞いてくれず、はあ~とチムニー。

 

チムニーは一人の同僚に話しかけますが、理由もわからず嫌われてしまいます。

 

人を助ける喜び

チムニーは消防士ではなく救命士として消防車に乗ります。

ゲロをかけられながらも奮闘するチムニー。

 

同乗していた同僚が、みんな悪気はないが、命が残りそうな強い奴に友情を示すからとなだめられました。

「それって俺が子犬だから?」

と自分の非力さを皮肉に変えます。

 

そこに大きな火災が起こり、人手が必要だからとチムニーも駆り出されることに。

一緒にケヴィン(弟分)もいました。

 

ケヴィンは一人女性をかばい、自分は火の中に!

助かりませんでした…

 

次はショッピングセンターでたくさんの人が体調不良に。

チムニーは体調が悪い人の話しを聞いていると、メタンガスが原因だとチムニーは全員を建物から非難させます!

 

しかし一人の同僚が中に入っていて、急いで助けに。

爆発に巻き込まれていて…

助けることに成功しました!

 

ケヴィンのお母さんが一人暮らしし始めたチムニーの家へ。

「僕がケヴィンを誘ったから」

と後悔するチムニー。

 

「あの子は顔が輝いてた。あなたのお陰で自分の生きる意味を見出したのよ」

と2人とも泣きながら抱き合います。

 

ケヴィンが助けた妊婦さんが出産後チムニーを訪ねてきました。

名前がまだ決まってないというので、ケヴィンと…

 

911:LA救命最前線シーズン2の12話の感想

911:LA救命最前線シーズン2の12話の感想です。

 

12話はチムニー誕生秘話でしたね。

ヘンが救命士になるときの話はしましたが、チムニーは初!

 

ヘンがLA消防局に来た時はすでにチムニーがいたので、一番早く来ていたのはチムニーでしたもんね。

チムニーはシーズン1でも日系はヒーローになれないとか、力がないとか、いろいろ自分にネックな部分があることはわかっていましたね。

 

確かに肉体的はかなり劣るかもしれません。

ですがチムニーはチームに欠かせない存在で、小さいなりに細いところに入れたり、機転が利くので負傷者を思わぬところで助けたりと活躍していますよね。

カッコイイヒーローです。

 

ヘンのときと同じように風当たりは厳しく、全然任務に参加させられることは無かったんですね。

毎日同じように掃除などの雑用をして…

弟分はこんなにも活躍して人を助けているのに悔しいですよね!?

 

見ているこっちまで悲しく、悔しい気持ちになります。

心臓発作だと駆けつけてきた夫婦はチムニーのことをすごく感謝していたのに…

その嬉しかった出来事を同僚が誰も聞いてくれず、もはや無視されていたのでほんとにこいつら!ってなりました。

 

一人の同僚がチムニーとやっと話してくれましたが、やっぱり受け入れてくれないんだなって。

体格差もありましたし、確かに自分たちにとっては不利になる存在。

仲良くなってももし命を落としたらというのもあるのかもしれません。

 

それでもチームなのに…

一人だけ話しかけてくれた同僚はめっちゃ優しかったですね!

一番初めって誰でも緊張するし、自分も嫌な目で見られるんじゃないかっていう恐怖もあったと思うのに、話しかけてくれた勇気に感謝ですね。

 

チムニーの弟分ケヴィンが亡くなってしまったときはとっても悲しかったです。

チムニーとケヴィンのご両親は号泣でしたね。

まだ新人で入ったばかりなのに、まさかこんなことになるなんて予想も出来なかったでしょう。

 

でもそれだけ危険が隣り合わせの仕事だったということ。

家族も心である程度覚悟しておかないといけなかったんでしょうね。

 

911:LA救命最前線シーズン2の12話のみどころ

911:LA救命最前線シーズン2の12話のみどころです。

チムニーの家にケヴィンのお母さん(叔母さん)が訪ねてきたシーンがみどころ。

 

チムニーはケヴィンを消防士に誘ったのが自分だったのでずっと後悔していたと思います。

ご両親にも顔向けできないと…

 

でも叔母さんはもちろんチムニーを責めるわけでもなく、むしろ息子は消防士として活躍し、輝いていたと言ってくれたシーンにとても感動!

チムニーと叔母さんと一緒に自分も泣きました!(笑)

 

でも今刺されて血だらけのチムニーは13話以降どうなっていくんでしょうか?

なんてチムニーはこんなに命の危機がたくさんあるんですかね~??

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください