911:LA救命最前線シーズン1の1話をネタバレ!

海外ドラマ「911:LA救命最前線」のシーズン1の1話を日本語字幕で動画視聴しました!

私の場合FOXチャンネルでシーズン1を視聴し、宣伝でかなり話題作だとあおっていたため1話を視聴(笑)

予想外の面白さだったので1話のネタバレを感想付きで紹介していきます!

911:LA救命最前線 シーズン1の1話 ネタバレ

911:LA救命最前線を盛り上げてくれる1人目、アビーの登場

彼女は現在42歳。

1年前トミーという男性にフラれてからはまだ立ち直っておらず、アルツハイマー病を患っている母親と一緒に暮らしています。

休みの日はお母さんに時間を割くという日々。

 

アビーの仕事は救急のオペレーター。

救急隊が来るまで冷静に通報者と会話し、応急手当てをさせたり。

 

そして2人目の登場人物、ボビー

先日心肺蘇生し助からなかったことを記し、ボロボロのその手帳を持って教会へ。

アルコール依存症で薬も少しやったことがあり、更生施設には10年もいて、消防署は強制辞職という遍歴の持ち主。

やっと復職して1年真面目で堅物そうですが影がある訳ありな感じ・・・

 

さらに3人目の登場人物、バック

はしご車を激走させ、サイレンで避けていく車を面白そうに見て運転を楽しんでいるみたい。

仕事中なのに女性をナンパする始末(^^;

全く真面目じゃありません!

 

そして4人目の登場人物、チムニー

彼女がいて、自分にはもったいないと言っているくらいなんですが、とにかく彼女の前ではイイカッコしいみたいで、自分の勇士を誇張しているみたい(笑)

 

バックが不真面目すぎて報告書を書くと言ったボビー。

「ちゃんと火は消す」と本人は行ってますが「彼を甘やかしすぎだ」と周りからは言われます。

 

救急隊のチームで食事をとろうとしていると・・・お仕事です(^^;

 

アビーのところに緊急通報が。

なんと壁から赤ん坊の泣き声がするという内容で、誰かがトイレから流したのではないかと!!

 

すぐに向かった救急隊。

しかし行ってみると赤ちゃんの声なんて全く聞こえず・・・

聴診器を壁にあてたボビー。「壁を壊す」と言います。

 

大事な登場人物、警官のアシーナ

アシーナも通報を聞きつけ同僚たちとマンションへやってきます。

そこで「推測では母親が新生児をトイレに流したと」と聞き、近くに住んでいる住人の部屋をノックし

「10代の女性はいないですか?」「トイレを流さないで」と言いながら周って行きます。

 

壁の解体作業が始まり、下水が流れるパイプが出てきました。

切断すると本当に赤ちゃんが!

生まれたての赤ちゃんが出てきます!

 

息をしていなかったので必死に人工呼吸を始め、元気な声が!

すぐに救急搬送へ。

 

血が落ちているのを発見したアシーナ。

部屋を見つけ出し、意識がもうろうとしている女の子を発見。

赤ちゃんと一緒に救急搬送されます。

 

そこでバックは子供を捨てた母親なんかという態度だったのに対し、アシーナは「人の生き死にを決めるのはあなたじゃない」と激怒しました。

バックはまた怒られてしまいましたね。

 

自宅に帰ったアシーナ。

長女と弟、旦那のマイケルがいて、なんだか不穏な雰囲気。

すると「パパはゲイだ」と衝撃発言!

 

娘は学校でいじめられるかもとお父さんを非難。

アシーナももっと早く言ってほしかったとマイケルを責めますが・・・

 

アルツハイマーの母を残し仕事へ出かけたアビー。

すると「首を絞められてる」と緊急連絡が!

彼女は自分で飼っていた白い大蛇に首を絞められていたんです!

 

始めは鎮静剤を打とうと言っていましたが、効くまでは時間がかかるので却下。

バックは待てない!と蛇の首をおとしてしまいました!

またバックは突発的な行動に出たんですね(^^;

 

「クビだ」とボビーに言われたバック。

「セックス依存症かもしれない」「この仕事が好きなんだ。頼むよ」と弁解しますが認められません。

 

唯一のチーム女性隊員ヘン

バックがクビになったと聞き慰めに来てくれたヘン。

「始め来た時は犬の方がマシだって思ってた。でも今は本気で残念だって思ってる」

しかし自制心が無いと言われ・・・

 

そしてここで緊急出動です。

 

リリーという9歳の女の子から誰かが自宅に侵入してきたという連絡でした!

それにアビーは冷静に質問、語り掛けます。

住所がわかりません!

 

するとリリーは侵入した犯人と鉢合わせしてしまいました!

サイレンの音が電話から聞こえることを祈って、バックが運転する消防車と、アシーナが運転するパトカーで家の前まで。

 

リリーが捕まってしまいました!

ですが携帯から犯人に語り掛けたアビー。

機転を利かせて待ち構えていたアシーナのところまで誘導。

1人は捕まり、もう1人逃げようとした犯人をバックのおかげで捕まえることに成功しました!

 

「恩人は君だ。君のおかげで彼女を発見できたんだ」とアビーに言ったバック。

2人ともファインプレーですね(^^)

 

そしてバックはクビの取り消し!

 

911:LA救命最前線 シーズン1の1話 感想

日本でもちょっとしたことで通報したり、レスキューを求めたり、アメリカでも問題になっているんだなっていうのがこの911:LA救命最前線というドラマからも伝わってきました。

日本なんかもおばあさんとかが救急車をタクシー代わりに呼んだりとか、

ふざけた男の子が何度も救急隊員を呼んだりとか・・・

なんかいろいろ考えさせられますね。

 

主人公たちが一気に登場しましたが、それぞれ個人的な問題を抱えているみたい。

順風満帆な人なんて登場しなかったですね。

ちょっと人としてミステリアスな部分があるので、これから2話以降見る楽しみが増えました。

 

レスキューする部分だけじゃなくて、人間関係とか、現代の問題を描写しているような内容も盛り込まれていて、それもこのドラマの魅力になっているんじゃないのかなと思います。

 

1話ではいろんな事件が起こってましたね。

始めに心肺蘇生したけど溺れて助からなかった人、助けに行ったけど自殺してしまった女の子。

赤ちゃんを助けることに成功し、蛇にクビを絞められているいる女性を助け、強盗に入られた家の女の子を救い。

こんな事件がもし毎日怒っているなら救急隊員はとにかく大忙しですよ!

寝る暇もありませんね(^^;

 

911:LA救命最前線シーズン1の1話 見どころ

911:LA救命最前線シーズン1の1話の見どころは、

いろいろありましが、ここは1番感動した新生児をトイレのパイプから救うシーンが見どころ。

 

まさかあんな細いパイプに赤ちゃんがいたなんてほんとビックリでした!

アシーナの予想通り、10代の少女がお母さんでしたね。

でもパイプの中に子供を産み落とすなんて最低です!

 

パイプを切断し、赤ちゃんを心肺蘇生して助かったのがホントに感動しました~

イイシーンでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください