【9-1-1:LA救命最前線シーズン2】17話のネタバレ・感想「願い事は慎重に」シャノン降板

9-1-1:LA救命最前線シーズン2の17話「願い事は慎重に」を動画視聴しました!

17話の気になるネタバレはもちろん、みどころや感想も紹介していきます。

停職になってしまったボビー。隊長のままでいられるんでしょうか?

 

9-1-1:LA救命最前線シーズン2の16話「ボビーの試練」では、

停職になってしまったボビー!

16話では、隊長になるまでと、その前の話がわかります。

9-1-1:LA救命最前線シーズン2の17話「願い事は慎重に」 ネタバレ!

宝くじを神に祈っている女性がいて、なんと空中からお金がたくさん降ってきます!

9-1-1:LA救命最前線シーズン2の17話「願い事は慎重に」についてのネタバレはこちらから。

シャノンが妊娠!?仮隊長にチムニー

※引用:https://www.videomarket.jp/title/320A37

お金と一緒に男性が降ってきました!

20階から落下したのに生きている男性。

仮隊長チムニーが現場を指揮します。

なぜお金をバラまいたか聞いたエディ。

落ちてきた男性は宝くじが原因で不幸になったので捨てたというのです。

その場で宝くじを買って祈っていた女性は破り捨てるのです(^^;

エディは家族で海に来ていました。

シャノンに「これからどうするの?何か願い事は?」

と聞かれ、さらに妊娠したかもと言われ!!

アシーナはボビーに電話。

停職中のボビーは結婚式に向けていろいろ準備をしていると言います。

アシーナは喜んでいます。

電話を切ったらすぐにバックが訪ねてきました。

臨時隊長のチムニーに困っていると言うのです(笑)

さらにヘンも愚痴り、エディも愚痴りに(笑)

さらに妊娠のことも相談し、「赤ん坊なんて心構えが出来てない」

ボビーはそんなエディに良い父親だと勇気づけます。

チムニーは「荷が重い」と。

ボビーに帰って来てほしいと頼みますが、ボビーはどんな姿勢で隊長をすれば良いのか説くのですが…

 

マディが転職!?

社会科見学でチョコレート工場に来ていた小学生。

引率の先生はチョコレートの試飲でハマってしまい、もう一杯飲もうとかってに大鍋からすくおうとしているとその中に落ちてしまいます!

ヘンは急がないと気を失うかもしれないと言い、救出を急ぎます。

しかしなかなか助けることが出来ません!

チムニーの起点のおかげでチョコレートの粘土を下げ、救出に成功!

ヘンが後で「ボビーに電話した」とこそっと言い、チムニーは「ずるじゃない」と(笑)

マディのところに9-1-1で連絡があり、対応していましたが助けが来た瞬間に切られてしまいます。

しかしその後電話してきた彼女がどうなったか気になるマディ。

上司に相談しますが、報告書を見るのはおすすめしないと。

その後どうなったのかを知らない方が仕事的に良いとアドバイスしますが…

結婚を決めたある熟年カップル。

女性の方はかなり喜んでいて、そこに荷物が届きます。

サプライズかと思い嬉しそうに振った瞬間荷物が爆発

すぐに処置しますがやけどがかなり酷いです。

マディは転職しようと決めます。

ダグのことがあり、もうこの仕事をしなくても良くなったんです。

「今後は直接人を助けたい」とマディ。

 

エディはシャノンと一緒に食事へ。

今の正直な気持ちを彼女に伝えます。

「家族に戻りたい」

「妊娠は違った、してなかったの。驚かせてごめんなさい」

するとシャノンが「あなたもあの子ももう失望させたくない」と泣き始め、

「別れるべきだと思う」と!!

 

マディは上司に連れられカフェに。

するとそこにはマディの声で救われたとたくさんの人が集まっていました!

みんなマディに対し感謝しています。

「君に声は希望だ」と言われ、マディは感動!

 

シャノン 永遠の別れ

交通事故があり向かったLA消防局。

するとひかれた女性はシャノン!!

エディは一緒に同乗しますが、脊椎もやられていて重傷。

挿管する前に別れを言ってこいとチムニーに言われます。

シャノンは何も感じない、よくない状況だと理解し、

「また去ってしまう、ごめんなさい。2人とも愛してるわ」

とシャノン。

ピーという悲しい音が響きます。

 

事故の後に荒れたのはチムニー。

自分はダメな隊長だと卑下し、心配して自宅に来ていたヘンは「素晴らしいと思う。誇りよ」と言ってくれ、

ちゃんとチムニーは隊長として判断出来ていたとなだめ、2人でヤケ酒を飲み始めました。

結婚式の下見に来ていたアシーナとボビーでしたが、エディのこともあり引き返します。

そこにニュースで、あの小包爆発事件が2件目になったと放送されていて…

 

 

9-1-1:LA救命最前線シーズン2の17話「願い事は慎重に」 感想!

※引用:https://tv.rakuten.co.jp/content/309041/

9-1-1:LA救命最前線シーズン2の17話の「願い事は慎重に」について、個人的な感想を紹介していきます。

17話冒頭ですが、ビルの20階から落ちても人って生きていれるんですね(^^;

お金めっちゃばらまいてましたが、まさかお金が原因で人生狂ったなんて…可哀想に。

お金の使い方を間違えたんでしょうね。

家族も失っていて、お金しかないみたいな彼は可哀想でした。

でもお金をバラまくなんて。

相当ツラい目に合ったんでしょうね~

むしろそうなってみたいわ(笑)

停職中のボビーのところにみんな来ていましたね~

さすが隊長!

それぞれ不満や悩み、愚痴を言い、こぞってみんな隊長に復帰してほしいと願っていました。

ボビーは隊長というだけでなく、人としても男性としても頼れる存在なんだなと改めて思いました。

結婚の準備を進めていると言われアシーナはメロメロでしたね~

よくボビーはあんなキザな言葉を思い付くよ…(^^;

エディなんかは自分が夫として大丈夫なのかという心配を打ち明けていましたよね~

ボビーが勇気づけてくれる存在だってわかってるんでしょうね。

チムニーはチョコレート工場で結局ボビーに電話してたのか(^^;

ヘンにバレてて面白かった~

チョコレートの鍋の中に油分足して粘土を下げるとかさすがの発想でした。

冷静に対処できるのはやっぱりボビーだけ??

エディはシャノンと良い感じだったのにこんな残酷な運命が待っているとは思いませんでした!

なんで??

もうそう思うしかないでしょう。

最後までシャノンは女性で、こんな格好恥ずかしいとエディに言っていました。

そしてクリストファーもエディのことも愛してると…

「まさ去ってしまう」と言ったシーンは本当に泣きました!

悲しすぎる。

さらにシャノンがクリストファーに宛てた手紙を読んでいて、またそこが遺書みたいでほんと悲しい。

あんなに夫婦仲が修復してラブラブだったので、チームもみんなそれを知っていたからこそ悲しんでいました。

そしてチムニーは自分のせいだと苦しんでいて…

自分がヘンにまだ挿管せず、最後にエディとお別れさせるように指示したからと後悔してましたね。

もしボビーだったらどうしたかとも思っていて、隊長ってそれだけ責任があり重い役割なんだなと思いました。

9-1-1:LA救命最前線シーズン2の17話のみどころ

9-1-1:LA救命最前線シーズン2の17話の個人的なみどころですが、

マディに救われた人たちが感謝を伝えに来た時のシーンです。

ついこの間9-1-1してきた女性が、あなたのおかげで助かったわとお礼を言い、

他の人たちもマディの声に救われたと言っていましたね。

マディもそれを聞いて、自分がオペレーターをしていることで人を直接助けることができたと感動していましたが、

テレビの前で私もそれを聞いて感動しました~

やりがいのある仕事だと再確認したでしょうね。

 

9-1-1:LA救命最前線 シーズン2最終回!18話のネタバレ・感想

【9-1-1:LA救命最前線シーズン1】全10話の吹き替え/字幕をフル動画で無料視聴出来ないならココ

【9-1-1:LA救命最前線】シーズン2全18話の字幕/吹き替え動画が無料で視聴出来ないならココ!

9-1-1:LA救命最前線シーズン3 全18話のネタバレと感想!みどころ回3選あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください