キャッスル|海外ドラマの吹き替え動画ならここ!

海外ドラマ「キャッスル~ミステリー作家のNY事件簿」は2009年から放送が始まり、

シーズン9も放送されるとなっていたんですが、急に打ち切りとなり、実質シーズン8がファイナルシーズンとなりました。

日本での放送もあり、日本語吹き替えで動画の視聴をしたい!って人にはココがオススメ!!

 

キャッスル~ミステリー作家のNY事件簿はシーズン8まで動画配信されているサービスはありません!!

全シーズン視聴できる動画配信サービスがない!となったら、DVDをレンタルしちゃえば良いんです!!

 

キャッスル~ミステリー作家のNY事件簿 あらすじ

日本の芸能人も一押し海外ドラマ!!

ニューヨークで連続殺人事件が起こり、ミステリー小説になぞらえて死体が遺棄されていることが判明します。

その作者であるキャッスルが参考人として警察に呼ばれ、担当刑事であるベケットと出会います。

 

その事件を解決するために協力を申し出たキャッスルと振り回されるベケット、異色の組み合わせの相棒が誕生します。

 

事件が解決した後も作品のリサーチの為にコネを使いベケットを取材し続けるキャッスルでしたが、彼女の家族に起きた悲しい事件を知ることになります。

 

 

キャッスル~ミステリー作家のNY事件簿 感想

キャッスルは、一見飄々とした雰囲気で軽薄そうな感じのキャッスルとお堅いいかにも刑事といったベケットの異色の組み合わせが新しくておもしろいドラマです。

 

ただそれだけではなく、ベケットの母親に起きた悲しい事件が物語のキーになっています。

 

 

未だに犯人が誰かもわかっておらず捕まっていません。

そのため誰よりも被害者の気持ちがわかるベケットは、時に被害者に寄り添いながら卑劣な犯人を追いつめる優秀な刑事になっており、女性としてすごくカッコいいと思います。

 

また、軽薄そうに見えるキャッスルですが、実は誰よりも優しく知識も豊富なところも描かれており、その二面性が素敵だなと思います。

 

そして、キャッスルとは似ても似つかないしっかり者の娘と、奔放な女優の母親との掛け合いも事件とは関係なく好きなところです。

娘に対してはとても愛情深く、心配性な親バカな場面も描かれていてほっこりとした気持ちになります。

 

第10話ではベケットの母親の事件について新たな発見があるのですが、気になる終わり方で終わっており、続きが早く見たくなります。

そして、キャッスルがベケットとの関係をとても大切にしているのがわかる場面が良いなと思います。

キャッスルの母親もいつもは飄々としている人なのですが、息子の事を諭したりきちんと言うときは言う人なのが素敵な人だなと思います。

 

本格的な犯罪ドラマな部分も残しつつ、ギャグを言い合ったりおちゃめな場面も多いので、ふと疲れたときに笑いながら見れるのでおすすめです。
 

キャッスル~ミステリー作家のNY事件簿 動画を視聴できるのはココ!!

キャッスル~ミステリー作家のNY事件簿の動画を日本語吹き替えで視聴できるのは、

DVDレンタルでしか視聴できません!!

 

TSUTAYAならキャッスル~ミステリー作家のNY事件簿のDVDが今のところシーズン7までレンタルできるようになっていて、

日本語吹き替えにも対応しています!!

そしてなんと!今だけ宅配レンタル・動画配信視聴が30日無料で試せる!!

でも動画を無料で視聴したい・・・

そんな人には無料で30日間動画視聴でき、宅配DVDレンタルもできちゃうTSUTAYAがオススメ!!

 

家にいるだけでキャッスル~ミステリー作家のNY事件簿の吹き替えも字幕も観れるなんてめっちゃ便利ですよね!?

登録・解約するにはたった1分で済んじゃいます!!

 

30日以内に解約しても一切お金がかからないので安心してくださいね~

無料トライアル期間は今だけ!!

 ↓↓ ↓↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください