万引き家族の原作モデルは誰?実話だった?

是枝監督の映画『万引き家族』は原作になったモデルは誰?

原作モデルになった家族はいる?

『万引き家族』が実話だったのか、気になりますね。

2018年に放映された世界的に評価された映画。

安藤サクラさん、是枝監督は世界中から注目され、賞もたくさん受賞しましたね。

映画『万引き家族』の原作モデルは誰?

映画タイトル 万引き家族
監督 是枝裕和
公開日 2018年6月8日
脚本 是枝裕和
製作 石原隆/依田巽/中江康人
キャスト リリー・フランキー/安藤サクラ/松岡茉優/池松壮亮/城桧吏/佐々木みゆ/高良健吾/池脇千鶴/樹木希林

 

映画『万引き家族』は実際にあった事件が元になっています。

親の死亡届を提出せず、不正に年金をもらい続けていた家族の事件から、構想に10年もかけて作ったフィクション

 

『万引き家族』で描かれていた事件は、

  • 年金不正受給
  • 万引き
  • ネグレクト

など。

『万引き家族』はフィクションで、この事件モリモリで家族ほぼ全員が犯罪者で血縁関係がなく、他人と住む家族なんてなかなか存在しませんが、それぞれの事件は実際にあること。

実際に日本では親や義理の両親の死亡届を出さず、年金をそのまま受けとっていた事件はいくつもあります。

警察が介入すると白骨化したものを見つけたという事件も多々あります。

2022年にも家族全員でコロナの不正受給をして手数料をとっていたという事件がありました。

 

ガッツリ『万引き家族』の原作となった事件はわかっていませんが、いろんな日本の事件や社会問題がつまっています。

 

小説『万引き家族』が原作?

小説『万引き家族』も販売されていますが、これは映画から小説化したもの。

小説が原作ではありません。

2918年5月28日に発行。

著者は是枝裕和監督。

是枝監督が自ら小説化し、内容も映画の内容、順番と一緒。

映画を見た人はより理解が小説で深まり、小説を見た人は映画が楽しめます。

 

映画で理解出来なかった部分が小説でわかる部分もあります。

家族全員の心情だったり、

祥太やりんが呟いたセリフ、亜紀の過去も描かれているため、映画ではわからなかった内容も小説ではわかります。

漫画も小説にも原作がない映画作品がこれだけ評価されているのはスゴイですね。

日本アカデミー賞だけでなく、

カンヌ国際映画祭では最高賞のパルム・ドール賞を受賞

他にもアジアや世界中で賞を受賞していました。

ノミネートだけでなく、受賞もしている日本の映画作品は珍しいため素晴らしいですよね。

『万引き家族』はU-NEXT(ユーネクスト)

\登録後31日間も無料で動画視聴できる/

是枝監督の作品

  • 海街diary
  • 大丈夫であるように -Cocco 終らない旅-
  • 三度目の殺人
  • そして父になる

などの作品も配信。

他にも、アニメ・映画・海外ドラマ・韓国ドラマ・単行本・雑誌などがみれるよ♪

 

万引き家族が面白くない!つまらない?なぜ海外で称賛された

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください