アトムのこ つまらない/面白くない!感想と口コミ調査

ドラマ『アトムの童(こ)』がつまらない!面白くない!

どこが面白くない?つまらないのか、感想・口コミ評価を調査していきます。

第1話は10月16日日曜日に放送されました。

放送後に面白くないと評価した人の感想・口コミではどう言われていた?

アトムの童(こ)のあらすじ

アトムの童(こ)第1話では

個人でゲームを制作している、天才開発者インディーと呼ばれていた安積那由他(山﨑賢人)は、現在自動車整備工場で普通に働いていた。

経営危機に陥っていた老舗玩具メーカーアトムは、起死回生への頼みの綱として、インディーを捜しており…

アトムの童第1話感想と口コミ評価/評判!視聴率は?

アトムの童(こ)はゲーム業界を舞台にしたドラマ。

若き天才ゲーム開発者が、大企業に立ち向かう姿や、周囲の人たちとの関わりによって成長していく姿を描く日曜劇場。

 

那由他は、通称「インディー」と言われた若き天才ゲーム開発者だった。

しかしある事件をきっかけにゲーム開発から離れ、普通に働いている。

大手企業や販売元を通さず個人でゲームを制作し、ジョン・ドゥという名で活躍した実力の持ち主。

誰もその素顔を知らないため「ゲーム業界のバンクシー」と言われていた。

老舗玩具メーカー「アトム」はジョン・ドゥを捜していた。

海外との価格競争などの影響で、経営危機に陥っており、一発逆転の経営再建のためゲーム制作へ参入しようとする。

資金もノウハウも持たないため、ゲーム業界のバンクシーと呼ばれた那由他と連絡をとろうとしていたのだが…

 

『アトムの童(こ)』をみるならParavi(パラビ)

 

アトムの童(こ)視聴率

アトムの童(こ)の視聴率は8.9%と低い!

日曜劇場の視聴率はかなり高いため、15%はほしいところでした。

 

アトムの童(こ)がつまらない!面白くない!感想・口コミ

アトムの童(こ)はどこが面白くない?つまらない?

アトムの童(こ)が「面白くない」と評価した人の感想や口コミを調査してみました。

脚本がつまらない!

アトムの童(こ)の脚本は、神森万里江さん!

  • やんごとなき一族
  • 相棒 Season20
  • 相棒 season18
  • この恋あたためますか
  • 記憶
  • ラヴソング
  • 恋に落ちたおひとりさま ~スタンダールの恋愛論~

などのドラマを担当されていました。

廃業寸前の玩具会社が一発逆転を賭けて何処の馬の骨とも分からないゲーム開発者を探して助けを乞うと…

そんな経営だから傾くんだろw

この筋でOKと考える脚本家とPがヤバい。

恋あた・やんごとなきの脚本家が日曜劇場登板は未知数すぎて怖すぎ!

 

山崎賢人の演技が下手でヤバい

演技力に定評のある2人が脇を固めるドラマだからな。

周りが演技上手いと山崎賢人の演技の下手さが際立ってきついもんがあるな。

顔がイケメンだから見れるけども。

相変わらず山崎賢人の演技の下手さよ。

ビジュアル良くても演技と滑舌がダメだと無理。

他の俳優が迫力あるだけに目立つんだよな。

1人だけセリフ読んでる感やばいって。

そういう役なのかもしれんが山崎賢人の演技めちゃくちゃテイスト違うと思った。

などがありました。

 

現実味がなくていまいちわからない

ん~

なんか、いまいちだなぁ…

よくわからない感じ。

どうかなぁ、見たけどいまいちピンと来ん。

なんか肝心のゲームの部分がすごいフワッとしてるような気がする。

申し訳ないけどこれは全然おもんないわ。

などとありました。

アトムの童(こ)第3話感想/口コミ評判や視聴率は?面白くなってきた日曜劇場

まとめ

他にも「アトムの童(こ)」がつまらない、面白くないという口コミがわかり次第追記していきます。

日曜劇場は幅広い世代が観る時間帯のドラマなので、期待値が高いだけにつまらなく感じてしまう人も多いかもしれませんね。

年齢や性別によっても面白くないという割れる意見がでるかもしれません。

 

しかし、ほとんどの人は「面白い」と高評価だったので、これから面白くなっていくドラマかもしれません。

韓国ドラマみたいに1話・2話はつまらないけどドンドン面白くなっていくパターンもあり得ますね。

 

『アトムの童(こ)』をみるならParavi(パラビ)

 

  • アニメ
  • ドラマ
  • 映画
  • 韓国ドラマ
  • 海外ドラマ
  • バラエティー番組

などが観れちゃう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください