モンスターズインク つまらない!口コミ評価/評判や視聴率が悪い?

映画『モンスターズインク』がつまらない!面白くない?感想と口コミ評価・評判や視聴率を紹介。

モンスターズインクの映画の公開は2002年3月2日に日本で公開、2010年に地上波放送されました。

感想と口コミ評価/評判や視聴率は良い?悪い?

 

この記事では『モンスターズ・インク』について、

  1. あらすじ
  2. 視聴率
  3. 面白い!口コミ評価や評判が良い
  4. ひどい!つまらない!口コミ評価や評判が悪い

を紹介していきます。

 

『モンスターズ・インク』『モンスターズ・ワーク』

ディズニープラスで配信だよ

 

ピクサー映画『モンスターズ・インク』のあらすじ

タイトル モンスターズ・インク
放映年 2001年(日本は2002年)
総指揮 ジョン・ラセター
製作 ピクサー
監督 ピート・ドクター

ドラマ『モンスターズ・インク』はピクサーの長編フルCGアニメーション映画。

日本での地上波放送は2022年で4度目。

 

『モンスターズ・インク』だいたいのあらすじは…

子供たちの悲鳴を集めてエネルギーにする会社、『モンスターズ・インク』でナンバーワンの怖がらせ屋、サリーマイク

会社が保有する、人間の子供の部屋へ通じるドアを通じて怖がらせ屋のモンスターを送り込み、怯える子供たちの悲鳴を集めエネルギーへ変換し、モンスターワールドへ供給する仕事をしているサリーたち。

 

しかし最近はゲームなどの影響での子供は簡単には怖がらず、そのためモンスターワールドのエネルギー不足が深刻化。

同時にモンスターたちの間では、人間の子供は恐るべき病原菌を持っていると言い伝えられる恐怖の対象になっていた。

人間の子供からモンスターワールドを守るため、街は常に子供検疫局によって監視。

 

偶然人間の女の子ブーが、モンスターワールドへ入り込んでしまう。

サリーとマイクは人間の侵入によって大混乱。

街も大混乱となってしまったため、ひとまずブーを自宅へ匿うサリー。

当初ブーを恐ろしがってばかりだったが、やがてブーに危険がないのだと知る。

サリーとマイクはブーを人間界へ戻そうと奮闘する。

モンスターズ・インクの視聴率

2002年に日本では公開されたモンスターズインク。

興行収入は95億円もあった大ヒット映画。

モンスターズ・インクの視聴率は、

2010年テレビ東京(ディズニースペシャル)
2013年テレビ朝日(日曜洋画劇場) 11.1%
2016年フジテレビ(金曜プレミアム) 9.0%
2022年日本テレビ(金曜ロードショー)

 

『モンスターズ・インク』の配信はディズニープラス

 

モンスターズ・インクが面白い!口コミ評価・評判が良い

モンスターズ・インクが面白い!という人の口コミ評価・評判が良かったものを紹介。

などという口コミがありました。

  • ピクサーの中でもかなり面白い
  • 何度見ても面白い
  • 最初はつまらないけど後から面白くなる
  • 感動して泣いてしまった
  • 子供も大人も面白い!

という口コミがありました。

世界的に人気のモンスターズ・インクはアカデミー賞にもノミネートされ、日本語吹き替え版があるくらい人気で、いまや「名作」とも言われている作品。

モンスターズインクの声優がひどい?下手?口コミの評価・評判

モンスターズ・インクがつまらない/面白くない…口コミ評価・評判が悪い

モンスターズ・インクが面白くない、つまらない!

という口コミの評価・評判が悪いものはこちら。

モンスターズインクが面白くない!という人の口コミでは…

  • 挿入歌が良くない
  • こんなに面白くないのに人気が謎
  • 普通に面白くない
  • 眠くなって最後まで観れない
  • 面白くないけど絵は可愛い
  • 話しは面白くないけどキャラは良い

などという口コミがありました。

とくに、観始めて数十分すると「眠くなる」という口コミが多かったです。

キッズ的にも、モンスターズインクよりもトイストーリーの方が人気みたい。

 

モンスターズ・インクの続編もディズニープラスで配信されてるよ♪

『モンスターズ・インク』をみるならディズニープラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください