競争の番人 藤堂清正の原作ネタバレ!最終回の結末は?

2022年夏の月9ドラマ『競争の番人』

小日向文世さん演じる藤堂清正の原作ネタバレについて紹介。

結末はどうなるのでしょうか?

 

『競争の番人』は小説が原作となっており、杏さん&坂口健太郎さんでドラマ化。

藤堂清正はドラマの中ではキーマンとなっており、謎の多いラスボス的存在。

小勝負(坂口健太郎)との関係性についても気になりますね。

『競争の番人』藤堂清正の原作ネタバレ!ドラマの結末はどうなる?

『競争の番人』に登場する、藤堂清正は、小日向文世さん演じる国土交通省の事務次官という役。

国土交通省事務次官で、

国交省の官僚として建設会社の黒いウワサが囁かれる人物。

小勝負(坂口健太郎)とは過去に何やら因縁があったようで。一方的にうらみを抱かれている。

公正取引委員会、第六審査通称ダイロクや小勝負にとって最大の敵となる、謎多き人物。

競争の番人では小説をドラマ化しましたが、

藤堂清正は原作に存在しないドラマオリジナルキャラクターとなっています。

 

つまり原作ネタバレはないキャラクターなのですが、小日向文世さんやプロデューサーのコメントには藤堂に関するヒントが隠されていました!

 

藤堂清正はどんなキャラクター?

藤堂清正を演じる小日向文世さんは、

「どちらかというと悪役なのかな?

最初のうちはどんなキャラクターなのかわからないと思いますが、物語が進むうちかなりヘビーなシーンも出てきます。

藤堂は黒い面を抱えている人物。

その黒さを始めは出来るだけ見えないように。温和な雰囲気の中に得体の知れないものがある雰囲気をまとっています。

たまにドキッとするようなことを言うんです。

僕にとって今までにない新たな役」

とコメントしていて、ドラマに大きな影響を与える人物

ということはわかっています。

 

現在わかっていることは、

  • 小勝負(坂口健太郎)の過去に因縁がある
  • 小勝負(坂口健太郎)に一方的に特別な思いを抱かれている
  • 最終回で藤堂とダイロクの決着がつく
  • 藤堂清正は悪役

競争の番人が面白くない?口コミ評価・評判や視聴率が悪い?

 

藤堂清正の最終回での結末は?

おそらくドラマ『競争の番人』では、

最終回に小勝負(坂口健太郎)白熊楓(杏)が藤堂の不正を暴き、独禁法違反の取り締まりを行い、市場の競争を守る競争の番人としてタイトルを回収するのではないかと予想されます。

 

 

誰も原作ネタバレ・結末を知らない状況なので、ドラマ自体かなり楽しめる内容になっているではないでしょうか?

最終回のドラマ化が楽しみですね。

果たして結末はスッキリするハッピーエンドを迎えるのか…?

 

石川萌香 演技が下手/上手い?競争の番人の口コミ評価と評判

黒羽麻璃央の演技力 下手/上手い?『競争の番人』口コミ評価/評判は?

大西礼芳の演技が上手い/下手?競争の番人口コミ評価・評判は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください