カンテク 第14話の感想/あらすじ(ネタバレ含む) 側室になったウンボだが毒を渡され…

韓国ドラマ『カンテク~運命の愛~』第14話について、感想やあらすじ※ネタバレあり!口コミなどについて記事にしています。

カンテクは吹き替えもあり、地上波、BS、CSなどで放送され、日本人でも見やすい歴史系韓国ドラマ。

王妃なれなかったウンボの今後は?カンテク14話のネタバレ含むあらすじや感想をご覧ください。

 

『カンテク~運命の愛~』は放送時間によって話数が変わっていて、ここではBSの放送に合わせているので全22話となっています。

 

 

『カンテク~運命の愛~』第14話のあらすじ※ネタバレあり!

前回のカンテク第14話では

カンテクではヨンジが選ばれ、王妃はチョ・ヨンジに決定してしまう!実はチョ・フンギョンは本物のホン・ヨンとカン・イスの妻を連れて王宮に乗り込むつもりだった。予知夢でみていたギョンがそれを阻止したのだが…

傷心だったウンギのところへギョンがやってきて、真相を告げる。

カンテク~運命の愛~ 第13話のあらすじや感想!

 

ヨンジは王妃にウンボとソンイは側室となり淑儀(スギ)に

ギョンはウンボに「側室として側にいてくれないか?」と告げる。

帰るとジェファが来ていて、もう会いに来ないでくれと冷たくあしらうが、王のしがらみから解放してやろうと言われる。

子供がウンボを訪ねてきて、両班(ヤンバン)からもらった腐ったご飯のせいで母親がお腹を壊したようだ。

 

ウンボはジェファから開化の論の話を聞き、ペク・チャヨンやホン・ギホはイ・ジェファを新王にしようと計画していたことを知る。

「二度と私を利用しないでください」とペク・チャヨンに言いに行った。

 

ギョンはキム・ソンイ、ホン・ヨン(ウンボ)2人を側室に迎えることにする。

キム家はニンマリ。

チョ・フンギョンの表情は曇る。

 

ウンボは双子であることを隠していた罰を受けたいと、そろそろ耐えかねていた。

しかしそれが知られると、母親やホン・ギホなど周りの人にも危害が及ぶ。

 

とうとう王妃の婚礼の日、ウンボとキム・ソンイ2人は側室として迎え入れられ、

  • ホンスギ(淑儀)
  • キムスギ(淑儀)

となる。

 

キム家もチョ家も、王子をいち早く産むように言われるが、初夜にヨンジをさっそく突っぱねるギョン。

その足でウンボのところへ行くが、ウンギとの思い出話で違和感があったギョン。

暴走し始めるペク・チャヨンとイ・ジェファ

ウンボは今後ペク・チャヨンに協力できないとホン・ギホに伝え、ペク・チャヨンと話すとまだウンボを利用し、計画を強行しようとしているとわかり、「私と考える理想とは異なります」とイ・ジェファとペク・チャヨンの元から離れる。

 

ウンボはペク・チャヨンからの手紙で母親に会いに。

ペク・チャヨンから毒を渡され、母親やホン・ギホたちのことを脅され、3日以内に王に毒を盛れと言われる。

 

帰ってきてすぐにギョンに会うウンボ。

毒を渡されており、人質もいるため様子がおかしい。

ギョンはウンボの様子がおかしいことに気づいていて、まるで別人のようだと…

 

ワルはケピョンの人相書きまでたどり着いていた。

チョ・フンギョンも王がケピョンのことを調べているのはわかっているが、朝鮮を手にする準備を着々と整えられていた。

 

ジェファとペク・チャヨンも着々と準備している。

その頃ギョンはウンボが毒を盛るところを予知夢でみていて…

 

『カンテク』を吹き替えで全話みるならTSUTAYAディスカス

30日間無料トライアル中でお得だよ♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

次回→『カンテク~運命の愛~』15話のあらすじやネタバレ・感想

カンテク~運命の愛~ 第14話の感想!側室になったウンボ

民が主になる世って現代のことだよね。

昔からしたらたぶんあり得なかったことなんでしょう。

王がいて、王中心に世の中回ってるから。

今も王様いる国あるけど、ここまで王様中心の国じゃないだろうし、現代に生まれて良かったって思う。

自分の人生自分で選択出来る人がほとんどだろうし。

 

イ・ジェファはカン・イスの娘だと知っているし、ペク・チャヨンやホン・ギホもイ・ジェファを新王にしたかったことをウンボに話しましたね。

自分がカンテクに参加させるように仕向けたのはテグン(大君)だと知ったウンボは怒ってたけど、ジェファはこんな反応になるってなんで予想しなかったんだろう?

いや、予想してたけどどうしかったのかな?自分の側についてほしいと思ってたのかな?

 

側室になったウンボは苦しい

ウンボはかなり苦しそうでしたね。

自分がカンテクに出て王妃になったらペク・チャヨンたちに利用されるところだったことも知ったし、自分が双子だとギョンを欺いていることも苦しいし。

ほぼ全てが嘘だけど、ギョンを好きな気持ちが大きくなっただけに、本当のことを言えないのが辛いんだろうな…

名前も偽ってるから怯えてずっと宮中でも暮らさないといけないし。

 

さらにヨンジが可哀想

婚礼が終わり、ヨンジはやっと好きだったギョンを手に入れたと思っていたのに、冷たくあしらわれて可哀想に…

手に入れた!と思ってたのにぬか喜びだったし「形だけの夫婦」「王妃を愛することはない」と言われて可哀想に。

ギョンからしたら、たぶんチョ・フンギョンのこともあって余計にヨンジには優しくなれないんだろうな。

キム・ソンイはさっそくいらないことを言うし。

初夜にウンボのところに行っていたって聞いて絶対ショックだっただろうね。

 

 

カンテク~運命の愛~第14話の口コミは?

カンテク 第14話の口コミを紹介。

『カンテク』の第14話はかなり状況が動いたため口コミも荒れていました。

ハラハラドキドキ展開が続きますね!

 

 

カンテク 第15話の感想/あらすじ(ネタバレあり) 正体がバレたウンボの運命は?

↑次回『カンテク~運命の愛~』第15話のあらすじや感想!

カンテク 第13話の感想/あらすじ(ネタバレあり) 王妃がチョ・ヨンジに決定

↑前回の第13話のあらすじや感想!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください