カンテク 第4話の感想やあらすじ(ネタバレ含む)!なぜ記憶喪失になったのか発覚

日本でも話題沸騰の韓国ドラマ『カンテク~運命の愛~』第4話を視聴しました。感想やあらすじ(ネタバレ含む)、口コミなどについてまとめていきます。

地上波、BS、CSなどで放送されていることもあり、字幕だけではなく吹き替えで視聴している人も多いはず。

『カンテク~運命の愛~』の第4話はBSの放送(全22話)にあわせています。

 

『カンテク~運命の愛~』第4話のあらすじや感想(ネタバレ含む)はこちらから。

 

 

『カンテク~運命の愛~』第4話のあらすじ※ネタバレ含む!

前回のカンテク第3話では

芙蓉客主(ふようきゃくしゅ)をしているウンボとワル。王は銃使いの手がかりを失ってしまったため情報を求めて訪ねてきた!ワンさんも失い、自分たちも命を狙われている状況だが、ウンボは姉を失い、犯人を捜すことに奔走する。しかし王を信用するなと言われ…

捕まってしまったカン・イスを脱獄させようと、王とペク・チャヨンは脱獄を実行する。しかし見つかってしまい、キム・マンチャンの願いを叶えるということで治まるが…

カンテク~運命の愛~ 第3話のあらすじ(ネタバレあり)や感想!

 

カン・イスは娘の目の前で処刑されてしまい、意気消沈のウンボは…

『カンテク~運命の愛~』第4話のあらすじはここから↓

 

ウンボがなぜ記憶喪失になり家族と生き別れたの?

チョ・フンギョン(サイジョン)の娘、チョ・ヨンジは王が生き返ったことを知り、父に会いに行きたいとせがんでいた。

王に拝謁したチョ・フンギョン。

世子(セジャ)のときに儒学者たちの集まりに行っていたという証拠をつかまれ(→第3話)、カン・イスを罷免(ひめん)する署名を書かされていた。

ギョンはウンボにそのうち会いに行くと手紙を書いていたが、カン・イスは家族で済州に引っ越しが決まる。

 

チョ・フンギョンがカン・イスを取り込もうとしたが、ウンボがたてつき、手下が双子の元へ。

ウンギはウンボを積み荷に隠し、ウンボは積み荷ごと川へ!

ウンギは無事だったが、ウンボは意識を失ってしまい、カン・イスが探すも見つからず…

 

サンチョク(山尺)とは?キム家との関係

状況を集めていたウンボ。

銃使いを持っていて、姉を撃った犯人の長がサンチョク/山尺(山で暮らす猟師)ならキム家の管理下にあるため、キム・マンチャンを疑っていた。

 

また芙蓉客主を訪ねて王が来るが、探りを入れるウンボ。

王は本当に悪者なのか?ともう少し様子をみることにする。

銃の扱いに慣れている奴が犯人だと聞いていたため、とりあえずサンチョク(山尺)を調べることに。

 

直接ウンボはサンチョク(山尺)がいる屋敷を探り、名簿を見つける。

 

またカンテクが行われることに

サイジョン(チョ・フンギョン)から、またカンテクをして王妃を据えようと相談されたテワンテビ(大王大妃)はすぐに行動を起こす。

チョ・フンギョンは自分の娘を王妃に狙っている。

王は反発するも、王妃を迎えて民を安心させてくれという言葉に納得せざるを得ない。

 

結局カンテクがまた行われることになり、両班(ヤンバン)の娘は集められることに。

もちろんキム家の娘、チョ家の娘も。

犯人をあぶりだすために王は王妃の実家に権力を持たせるということにし、作戦を立てていたが…

 

そして、ウンボはホン・ギホというペク・チャヨンとイ・ジェファの協力者が、自分の娘の代わりにウンボをカンテクに参加させようとしていて…

 

 

次回『カンテク~運命の愛~』第5話のあらすじや感想・ネタバレ

カンテク~運命の愛~ 第4話の感想!イ・ジェファはいい人なのかと思いきや…

まさかの大君(テグン)であるチョ・フンギョンがペク・チャヨンと手を組んでいたとは!?

いつもペク・チャヨン役の人悪役だよね…(笑)

始めはウンボの父親の友達だったから優しくていい人なのかと思いきや、王の座を狙っていて大君(テグン)であるイ・ジェファを王にしようとしていたなんて!

ウンボは自分の意思でホン・ギホの娘としてカンテクに参加するんだろうけど、王妃と同じ顔なんだからすぐにバレるじゃん(^-^;

 

カン・イスは立派な父親だった

カン・イスって立派なお父さんだったんですね。

ハッキリしていて、自分の信念を貫いてるし、権力がある人物にも屈しないからスゴイ。

ウンボもその信念を受け継いでいるようで、目上の人でもハッキリものを言うのがかっこいいですね。

あのキム・マンチャンを前に恐れるどころか嫌みを言うとは(笑)

芙蓉客主に会いに来た王に「私は2度も待っていました」と言ったウンボのセリフがめちゃくちゃイイ!

結局ナイフ持ってたけど生かしたしね。

やっぱりいい子。

 

チョ・フンギョンに弱みを握られていた王

ずっと昔にウンボと出会っていて、手紙を送って会いに行くと言っていたのに会えなくなってしまったなんて。

しかもその状況を作ったのは世子だった自分とウンボ。

チョ・フンギョンに見つかるなんて間が悪かったな…

1つミスして間が悪合っただけでずっと脅されるネタとなるなんて、生きていくの辛すぎる!

こんな陰謀と策略が巡るところで暮らしていたとか、王も凄いし、ウンギは皇宮に入らくて良かったんじゃないかな?って不謹慎にも思ってしまう。

 

犯人はキム家?チョ家?

まだ王になるには若かったのか、かなり周りの人に右往左往させられているな…

自分の祖母である大王大妃に逆らえないのはしょうがないけど、自分の大臣たちにも逆らえないとは…

難しい立場なんですね。

自分の嫁も自分で選べないレベルだし…

 

ウンボはキム家を疑っていましたが、王はチョ・フンギョンも疑っていて、両方怪しいと思っていると…

犯人が視聴者もハッキリわかっていないから難しいですね。

 

 

『カンテク~運命の愛~』第4話の口コミは?

カンテク 第4話の口コミを紹介していきます。

カンテク~運命の愛~の第4話を動画視聴してどう思った?感想は?

つまらないor面白かったのか、口コミの調査!

と、カンテクの第4話についての口コミはこんな感じでした~

かなりドラマに入り込んで見ている人も多いですね。

次回の第5話~はいよいよ主人公が皇宮に入るので楽しみにしている人も多いです。

 

 

カンテク 第5話の感想/あらすじ※ネタバレあり ウンボは王妃ウンギのフリをする

↑次回第5話はでウンボの運命が劇的に変わる!

カンテク 第4話の感想やあらすじ(ネタバレ含む)!なぜ記憶喪失になったのか発覚

↑前回の第3話のあらすじや感想・ネタバレ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください