【ボクの殺意が恋をした】なぜフッカル女と田中みな実/千景は呼ばれている?

『ボクの殺意が恋をした』で、中川大志さん演じる男虎柊に、田中みな実さん演じる千景が「フッカル女」と呼ばれていますね。

なぜ千景(田中みな実)は「フッカル女」と柊に呼ばれているんでしょうか?

ここでは何故呼ばれ始めたのか、いつ呼ばれ始めたのか解説していきます!

田中みな実/千景はなぜ柊にフッカル女と呼ばれてる?理由は?

絶賛婚活中で、イケメンに目がない敏腕チーフアシスタントの水瀬千景役を演じている田中みな実さん。

『ボクの殺意が恋をした』の中で、中川大志さん演じる男虎柊に、千景=フッカル女と呼ばれています。

 

始めてパーティ会場で千景と会ったとき、イケメンにさっそく寄ってきて名刺を渡した千景。

そこで自分の自己紹介と共に「私フッカルなんで」と指ハートと共に伝えました。

そこから柊は千景=フッカルと認識したようですね。

↑すでにフッカル(フッ軽)を使っている人もいる(笑)

ちなみにフッカルとは…フットワーク軽いの略ですね。

女子高生や女子大生の中ではこの省略言葉は流行っていて常識ですが…一応追記しておきました。

『ボクの殺意が恋をした』フッカル女と呼ばれ始めたのはいつ?

『ボクの殺意が恋をした』本編の中で、中川大志さん演じる男虎柊だけが千景のことをフッカル女と呼んでいましたが、

実はドラマ第1話~呼び始めていました!

ボクの殺意が恋をした 第1話の感想 つまらない?口コミは面白ないと評価してる?

 

実際に声に出して「フッカル女」と言ったのは、新木優子さん演じる鳴宮美月が屋上から落ちそうになり、それを助けた後なのでエンディングですね。

そこで美月は、なぜ自分の家を知っているのか?と聞き、柊はとっさに「フッカルな女に名刺をもらって、ここにいるのかなと思って」

と嘘をついたんですね。

 

それ以降の第2話でも、柊はフッカル女と裏で呼んでいます。

 

ボクの殺意が恋をした 最終回まで伏線・回収や考察まとめ!

 

田中みな実さん演じる千景にも謎があるということで、『ボクの殺意が恋をした』は益々気になる展開に。

田中みな実さんのドラマ出演にワクワクしている人も多く、今後も登場シーン増えないかな~と期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください