彼女はキレイだった 日本版第1話の感想/あらすじ!原作と比較して面白くない?

2021年7月6日火曜日21:00~放送開始の『彼女はキレイだった(かのきれ)』第1話!

リメイクされた日本版の『彼女はキレイだった』第1話について、あらすじや感想を主に紹介。

 

日本版では小芝風花さんと中島健人さん主演。

原作は韓国ドラマで、日本でも人気のパク・ソジュンさんが主演でしたが、日本版『彼女はキレイだった』(かのきれ)は原作よりも面白くない?面白い?

あらすじや感想と共に、口コミの評価も紹介していくのでご覧くださいね。

日本版『彼女はキレイだった』(かのきれ)第1話のあらすじ

韓国ドラマをリメイク『彼女はキレイだった』(かのきれ)第1話は7月6日火曜日に放送。

あらすじを紹介していきます。

 

小学生の頃までは文武両道、才色兼備だったカワイイ女の子、佐藤愛(小芝風花)は、現在フリーター。

見た目は化粧もせず、オシャレもせず、天然パーマ大爆発の残念女子になっていた。

就職活動をしながらバイトしていた愛だが、誕生日だった28歳でクビに!

そんな愛と幼なじみで、リッチでモデル並の見た目、モテモテな桐山梨沙(佐久間結衣)とルームシェアしています。

 

愛は小学生のときの初恋相手、長谷部宗介(中島健人)から「帰国するから会いたい」とメールが届く。

ぽっちゃりでいじめられっこだった宗介だが、愛と仲良しになり2人は両想いのまま親の仕事の関係で宗介はアメリカに行っていた。2人はしばらく文通を続けていたが…

 

待ち合わせ場所に行くと、愛はイケメンになっていた宗介に気づき、今の残念女子である自分に自信が持てず、梨沙に身代わりになるよう頼む!

宗介は梨沙=愛だと思い込み、久々の再会を喜ぶ。

また以前のように会おうと言う宗介に、梨沙は留学するから会えないと伝え、もう会わないようにと上手く伝えたが…

 

愛は就職先が決まり、さっそく大手出版社に出勤するが、全世界で有名な女性ファッション雑貨『ザ・モスト』の編集部で働くことに。

そこには、

がいて、あまりにも自分とは住む世界が違う同僚に気後れしてしまう愛。

 

するとこの編集部に副編集長としてニューヨーク支社から長谷部宗介が派遣されてきた!

佐藤愛本人だと隠したい愛は…

 

彼女はキレイだったは日本も韓国もFODで配信しているよ

続きが気になる…原作がみたい人は2週間無料トライアルで観よう!

 

 

次回『彼女はキレイだった』日本版2話のあらすじや感想/口コミ

彼女はキレイだった 韓国版第1話のあらすじと感想

 

第1話『彼女はキレイだった』(かのきれ)出演者/キャスト

など。

日本版『彼女はキレイだった』(かのきれ)第1話の感想!小芝風花・中島健人は適役?

日本版『彼女はキレイだった』(かのきれ)は、原作が韓国で日本でも放送されたため、配役が気にくわないって人も多く、放送前から期待している人と、キャストが思ってたのと違うって人がいましたね。

日本版の『彼女はキレイだった』第1話をみて、ほぼ原作通りだし、面白かった!

 

口コミとかでは「やっぱ韓国の方がいい」って言う人がちらほらいましたが、普通に日本バージョンも面白くない?

原作の韓国ドラマの場合はグダグダしているところも多いし、1話が長いし進まないしイライラするしっていうのがあるんで、日本バージョンだと凝縮されてて話が進むしで良いと思った。

 

やっぱり原作とはちょいちょい違うところもあったし、演じている人も違うからもちろん違和感あることはあるんだけど、普通にゼロからまっさらな気持ちでこのドラマ楽しめばいいなって思いました。

だってエンディングはすでに知ってるしね。

逆に原作知らない人はより楽しめるかもね。

 

小芝風花と中島健人は原作比較してみて適役?

個人的にはアニメ原作で実写化するんじゃないから、とくに違和感もなくでした。

原作の主人公であるヘジンが嫌いだったけど、小芝風花さん演じる愛なら好きになれそうとも思いました。

日本でも人気の高い韓国の俳優パク・ソジュンさんを中島健人さんが演じることに対しては、全然否定するわけでもなく、むしろ似合ってる!って思ったので。

 

小芝風花ちゃんの雰囲気にも合ってると思うし、ツンツン完璧上司役の宗介に中島健人さんも合ってると思う。

 

1番似合ってると思ったキャラクターは、佐久間由衣さんですけど。

韓国ドラマではハリの役ですが、ハリが主人公のヘジンより大好きでめちゃくちゃ感情移入してしまったキャラクターだったので、今後の桐山梨沙がどうでるのかとか、演じる佐久間由衣さんも気になるな~

 

全体的にキャストと演技力が気になる

元アナウンサーが2人もいるっていうザ・モスト編集部のキャスト陣。

ここに片瀬那奈さんがいるっていう安心感と安定感ね(笑)

リリコさんがめちゃくちゃイイキャラしてて、ララ編集長適役!

 

まだ1話ではそこまでザ・モスト編集部のキャストは演技シーン少なめだけど、個人的には元NMBの紗英ちゃんが大好きだから露出度多めにしてほしいな~

日本版の第1話では佐藤愛の子役の女の子が天使みたいに可愛い!

と話題になりましたが、ほぼ演技経験がないのにめっちゃ上手いじゃん!ってなりました。

 

木村祐一(キム兄)のみ原作なしのオリジナルキャラクター

キム兄こと、芸人の木村祐一さんが悪役で登場していましたね。

ザ・モストの日本編集部を潰そうとしている様子で、これからもっと出演シーンがあるのかは微妙…

原作では登場しないキャラクターだったので、今後どんな感じでくるのか気になる~

 

日本版『彼女はキレイだった』(かのきれ)は面白い?面白くない?口コミ評価は!?

日本でリメイクされた『彼女はキレイだった』通称かのきれの第1話は、面白かった?面白くなかった?

口コミを紹介していきます。

個人的に期待値が高いドラマだっただけに、口コミの評価が気になる…

 

日本版の彼女はキレイだった/かのきれ 第1話は面白かった!という口コミ

日本版の第1話をみて面白かった!と口コミ評価したのはこちら↓↓

こっちはこっちで日本版面白いって言っている人も多かったですね。

なんと言っても中島健人ファンがスゴイ(笑)

小芝風花ちゃんも女子からは人気があるし、赤楚さんも幅広い層から人気があります。

 

キャスト人気も高いのがこの日本版の魅力なのかもしれませんね。

ほぼ原作通りですが、韓国と比べすぎない方が楽しめるかも♪

 

日本版の彼女はキレイだった/かのきれ 第1話はつまらない!面白くない!という口コミ

かのきれ第1話がつまらなかった…面白くなかった…という口コミ評価を紹介↓↓

けっこう「韓国の方がいい」「パク・ソジュンの方がいい」ってコメントしている口コミが多かったですね。

しかしキャストに関してはそこまで悪い評価もなく、日本は日本で面白いって口コミの方が多かったです。

中島健人くんもカッコいいし、小芝風花さんも可愛いしね!

 

 

『彼女はキレイだった』(かのきれ)次回第2話のあらすじ

『彼女はキレイだった』次回第2話は7月13日火曜日21:00~放送。

彼女はキレイだった 日本版第2話の感想/口コミ!あらすじあり 原作は何話?

 

留学すると言っていた愛(梨沙)だったが、たまたま宗介と再会してしまい、また嘘を重ねることになってしまう。

 

ザ・モストの編集部で働き始めた愛。

宗介は初恋相手の佐藤愛は梨沙だと思っているため、愛(小芝風花)本人と一緒に仕事をするのにイライラ。

出張に行く際愛と共に空港へ向かった宗介だが、別な空港に着いてしまい愛に激怒!

しかし悪いのは愛じゃなくて…

 

愛を気に入っている拓也は愛にちょいちょいちょっかいを出す。

見た目は残念女子だが、明るくて元気な性格でからかいがいがある様子。妹のように可愛がり、2人は仲良くなっていく。

そして愛が酔っぱらってしまったため、宗介との関係をそこで知ってしまい…

 

仕事ができず、初恋相手と同じ名前なのでより気にくわない宗介は、愛に対する接し方がかなり強い。

愛は佐藤愛本人だとばれたくないため、必死で悟られないように隠すが、今の完璧俺様合理的主義な上司の宗介が昔とは別人すぎて大人の宗介が気にくわない。

 

彼女はキレイだった 日本版第2話の感想/口コミ!あらすじあり 原作は何話?

↑彼女はキレイだった日本版第2話の感想・口コミ・あらすじ

 

彼女はキレイだった 韓国版第2話のあらすじと感想(ネタバレあり)

 

彼女はキレイだった 字幕/吹き替えの動画視聴が無料で出来ないならここ!

↑彼女はキレイだった 原作最終回までの各話あらすじあり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください