ドラゴン桜2 本番力を鍛える3か条の意味を解説!いつも通りやれば合格する

ドラゴン桜2の第16巻で、「本番力を鍛える3か条」が紹介されました。

桜木は東大受験する生徒たちに、いつも通りやれば合格できる!と元気づけました。

ここではドラゴン桜2の第16巻で紹介された「本番力を鍛える3か条」について、その意味を紹介していきます。

ドラゴン桜2「本番力を鍛える3か条」内容と意味は?

「本番力を鍛える3か条」は、東大二次試験対策2日目、試験本番までの過ごし方について生徒に教えた。

本番力を鍛える3か条

その1:本番と同じスケジュールで生活する

その2:制服を着て勉強する

その3:学校の教室で人と一緒に勉強する

というものでした。

それぞれ解説していきます。

①本番と同じスケジュールで生活する

生活リズムが崩れるとストレスを感じてしまうもの。

人間の心理状態は時間と大きく関わっているということ。

日常と試験日を同じようになるべくするのが大事。

本番と同じように起きたり、昼食をとったり…

 

②制服を着て勉強する

本番力を鍛える3か条その1と考え方は同じ。

試験当日と同じ格好をすることで、いつもの力が試験でも発揮できるようにするため。

あくまでもいつも通りにし、心を落ち着かせる状態に。

 

③学校の教室で人と一緒に勉強する

これも同様な考え方。

家で一人勉強するのとは試験会場の雰囲気がまるで違う。

人がいる環境で勉強することが普段通りのパフォーマンスを発揮しやすくする。

試験では人の息遣いやペンの音さえ気になるものだから。

ドラゴン桜2の単行本を安く方法

 

普段の力を100%発揮するために、イレギュラーなことはなるべく避け、試験のことを見据え、いつも通りにすることで失敗原因をなるべく作らないようにしたのがこの「本番力を鍛える3か条」

とにかく試験ではメンタルを大切にしろという桜木、水野、水口先生、田村先生から生徒へのアドバイス。

 

その後、メンタル面で1番心配だった天野が若干調子をくずすが、これはドラゴン桜2第16巻で!

created by Rinker
¥644 (2021/09/22 05:00:12時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください