高嶺のハナさん第5話 ドラマのあらすじ(ネタバレ)と感想!原作との違いを比較

2021年深夜ドラマ『高嶺のハナさん』が泉里香さん主演で放送。

第5話のあらすじ(ネタバレ含む)と感想を紹介していきます!

ドラマ第5話は原作にあり、単行本2巻収録の回となっています。

高嶺のハナさん第4話では、

弱気と華が遊園地に行くことになり、苺と更田も付いてきた!

華も弱気も苦手なお化け屋敷に2人で入ることになってしまい、手を繋ぐという結果に!

続きの第5話の展開が気になる!さっそくあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます~

高嶺のハナさん ドラマの動画配信・見逃し配信

高嶺のハナさん 第5話のあらすじ(ネタバレ含む)

ドラマ『高嶺のハナさん』第5話のあらすじ(ネタバレ含む)↓

弱気と華は2人で映画デートへ

2人で仕事できることが嬉しすぎてしょうがない華。

弱気にクールジャパンでは漫画やアニメも含まれているから、ヒントになるかもしれないため一緒に映画へ行かないかと誘われる。

デートじゃん!とめちゃくちゃ喜ぶ華は妄想が広がる。

 

自分ばかり意識してたことで恥ずかしくなってしまう華だったが、2人の様子をたまたま見ていた苺は…

弱気(小越勇輝)華(泉里香)が2人で一緒に映画館へ行くが、その帰りにたまたま映画館から出てくる華と弱気を発見してしまった苺(香音)は焦る。

翌日会社で「お二人は付き合ってるんですか~?」とエグイ質問を。

 

ざわざわするオフィスだが、弱気は「付き合うなんてありえない」とはっきり発言。

その言葉にホッとしてしまう苺

そして華はもちろんショック!

さらに弱気に呼び出された華はフラれると内心穏やかではない(笑)

 

後で弱気に呼び出され、映画館で手を触れあったことで謝られる華。

そこで華はフラれるので呼び出されたことじゃないことに安心。

そしてまた強がってしまう(笑)

 

苺は弱気のことが気になっていると気づく

苺は弱気のことが気になっている自分に気づき始める。

弱気と華がいつも2人なので、更田(猪塚健太)もイライラ。

苺と意気投合し、2人は飲みに。

「天井お前もう弱気のこと好きじゃね?」とツッコまれてめちゃくちゃ焦る(笑)

 

更田は相変わらず華が自分の女だと勘違い(^-^;

苺の本性を見た更田は可愛いと言い、2人はタッグを組むことに。

始めは断るも、苺は更田に弱気とくっつけてやろうか?という提案を受けたのでした。

 

created by Rinker
¥2,893 (2021/10/16 21:37:34時点 Amazon調べ-詳細)

↑高嶺のハナさん単行本は1巻~4巻発売中↑

高嶺のハナさん着用衣装

高嶺のハナさん第5話の感想!原作との違いはある?

高嶺のハナさん第5話は、単行本2巻の内容がドラマ化!

原作とはほぼ変わりなくドラマ化されていました。

 

原作との違いは、

苺が映画館の出入り口ですれ違っていて、華と弱気を発見していましたが、本当はカフェの中で2人を発見していました。

チャラ田が苺と飲みに行ったとき、ドラマでは「可愛いじゃん、すっぴんみたいで」と言っていましたが、原作ではすっぴんのセリフはありませんでした。

他はほぼ原作通りですね。

高嶺のハナさん第5話の感想

ヒントになるかもしれないからって普通映画館まで一緒に行く!?

アニメとか漫画見る!?

一緒に行った華さんですが、めちゃくちゃ浮かれてて弱気きゅんとデートできるって思ってたのに、弱気の反応がそこまで~だったと思っているので、相変わらず2人の気持ちはすれ違っているな~

その辺りがもどかしさもあって、より続きが気になる。

高嶺のハナさん第5話も相変わらず華と弱気は両想いなのになかなか進展せず…

そして弱気が分かりにくいってというのがこの5話では目立ちました!

華が弱気に正直になれず、きつく当たってしまうのはいつも通りですが、(安定の脳内小学5年生レベルの恋愛)弱気は素直じゃないんかい!ってなります。

いや、素直だけど口にするのはそこじゃないって感じ(笑)

この2人の恋愛がもどかしいですね~

 

第5話は何と言っても弱気に恋をしていることを自覚した苺ちゃん!

心の声とドラマで見せる表情をしている香音ちゃんが可愛すぎるんですけど~

ブラックな香音ちゃんも可愛いですが、弱気に翻弄されている香音ちゃんも可愛い。

個人的にはチャラ田×苺のシーンが好きで、

2人で飲んでて素になって話している光景がめちゃくちゃ好き。

 

苺と更田がタッグを組みましたが、華と弱気の恋愛はなかなか進展しないまま進んでいくのがもどかしい~

 

高嶺のハナさん相関図

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください