ドラゴン桜2 早瀬菜緒の原作ネタバレ ドラマとの違いは?最終回はどうなる?

ドラゴン桜2で早瀬菜緒について、原作ネタバレを紹介。

ドラマと原作とは違う物語となっているが、設定はドラマも原作通り。しかし最終回はドラマオリジナルの展開となる。

この記事ではドラゴン桜2の早瀬菜緒について、

  1. 原作ネタバレ!最終回ではどうなる?
  2. ドラマと原作の違いを比較

を紹介していく。

<スポンサーリンク>



早瀬菜緒の原作ネタバレ!最終回ではどうなる?

2年2組の早瀬菜緒(はやせ なお)は桜木に「東大へ行け」という演説を聞き、初めてめちゃくちゃ怒られたように感じ、努力して頑張れる人になりたいと思い、東大受験を目指すことに。

両親は優しく、それなりに裕福な生活だったため甘やされていた。

 

目標を立て、努力し続けることが苦手だと自覚している。

深く考えるようにパッと行動してしまうタイプ。努力出来ない脳タイプ。

現在は東洋か駒澤の法学部か経済学部志望。

すぐに諦めてしまいがちで、東大受験もすぐに諦めてしまうが、桜木から自分が幸運だと知れと言われ、再び東大受験のため勉強を始める。

上手く勉強が出来ず何度も挫折しそうになるが、一緒に東大を目指すことになった小杉麻里からの刺激や

天野晃一郎と支えあい、共に大学受験を目指し努力する。

 

途中東大模試の結果はE判定。かなり落ち込んでしまうが水野に励まされる。

勉強合宿で心砕けそうになるも、目の色が変わったように勉強に打ち込む。

 

センター試験の自己採点ではかなりの好成績となり、「バンザーイ」と水野と共に喜ぶ。

最終回ではなんと早瀬菜緒は東大へ合格する!

ドラゴン桜2の原作は単行本で要チェック↓↓

created by Rinker
¥644 (2021/05/14 10:01:27時点 Amazon調べ-詳細)

ドラゴン桜2の単行本を全巻安く購入する

早瀬菜緒(南沙良)のドラマと原作の違い

日曜日劇場『ドラゴン桜』では早瀬菜緒役に南沙良(みなみ さら)さんが抜擢される。

原作の早瀬菜緒はショートのボブカットだったため、見た目と髪型は当たり前だが原作と違う。

ドラゴン桜2のドラマオリジナルキャラクター

 

ドラマでの早瀬菜緒の設定は、

何不自由なく、愛情いっぱいに両親から育てられており、今まで何かを一生懸命に頑張った経験がない今どき女子。

頑張れる人間になるために東大専科の門を叩く。

となっているため、原作とキャラクターの設定は全く同じ

 

しかし公式ツイッターでは早瀬と平手友梨奈さん演じる岩崎楓と何やら関係があるらしく、

元々友達なのか、これから友情が芽生えるのかと憶測が飛び交っている。

原作では天野と共に主要人物だっただけに、ドラマの『ドラゴン桜2』も露出度高めでいてほしいところ。

 

 

早瀬菜緒役 南彩良『ドラゴン桜2』の演技は上手い?下手?口コミ調査!

南沙良さんお演技力にも大注目↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください