【9-1-1:LA救命最前線シーズン3】16話の感想やネタバレ!バックのお節介に涙

心温まる海外ドラマ『9-1-1:LA救命最前線』

シーズン3の16話『逃してしまった人』の感想やネタバレ、みどころなどを紹介しているのでご覧ください。

 

前回の9-1-1:LA救命最前線S3-15話『エディの過去』では、

エディの奥さん?だったシャノンが再登場し、過去がいろいろ明らかに。

なぜクリストファーと2人で暮らすようになったのか、心温まるストーリーでした。

<スポンサーリンク>



9-1-1:LA救命最前線シーズン3 16話『逃してしまった人』のネタバレ

9-1-1:LA救命最前線シーズン3-16話『逃してしまった人』のネタバレはこちら↓↓

火災現場に向かった118分署。

911コールセンターでは耳が聞こえず、声の出せない女性がまだ残されていた!

バックが炎の中救出し、観戦を浴びる。

 

元消防士レッドと出会うバックはお節介を

飲みに誘ったバックは全員にフラれ、独りでバーへ。

たまたま横に座った元消防士レッド(ジョン・デラクロイ)と仲良くなり、話が弾む。

しかし婚約者のシンディ依頼仕事一筋で、今も独身。

仲間との交流もほとんどない。

 

元婚約者シンディを調べたバックは野球観戦のチケットを渡し、2人で会いに。

しかしシンディはすでにボケが始まっている様子で…(^^;

 

後日病気のベッドに寝ていたレッドに呼び出されたバック。

中皮腫だったことが判明!

「予想以上に長生きしているようだ」と…

 

バックはレッドの元同僚と消防車を用意し、レッドは息を引き取り…

 

ヘンの責任感がスゴイ!

ヘンは火災のとき搬送した人の状態をきっちり病院側に伝えていたのに無視されたと激怒。

「みんな無責任だわ」

しかしどうすることもできない…

 

料理番組中の事故で胸に金属の刺さった患者が。

搬送中に開胸しなくてはいけなくなり、ヘンは揺れに注意しながら処置。

助けることに成功。

 

ドローン盗撮男を取り逃がすアシーナ

キックボードで遊んでいた親子が衝突!ドローンが破壊!

ドローンを所有している男が私有地で飛ばしていたため違反切符をとアシーナ。

なんだかこの男気になる…調べたアシーナは、彼が盗撮男であると発覚!

しかしFBIが先に帰してしまい、取り逃がしてしまう!

 

『9-1-1:LA救命最前線』はHulu(フールー)で配信中

↓↓ ↓↓ ↓↓

 

9-1-1:LA救命最前線シーズン3 16話『逃してしまった人』の感想

9-1-1:LA救命最前線シーズン3-16話『逃してしまった人』の感想はこちら↓↓

安定でバックは優しいんですよね~でもここまでお節介やくタイプだったかな?

まあエディの子育てとかも応援してたりするし、クリストファーを預かったりもしてるのでお節介か~

空回りすることもあるけどね(^^;

 

ラストはめちゃくちゃ感動しました!

レッドのためにかつての仲間を病院に集め、さらにボビーたちも呼んで消防車まで用意しているなんて!

いい思い出になったでしょうね。

 

レッドが言っていた、仕事が恋人で今も独りだという言葉を聞いてバックはうなだれてましたよね(笑)

エディのように息子がいるわけでも、チムニーのように恋人がいるわけでもないし。

しかも仲間と交流することもだんだんなく、葬式で会うレベルってちょっと寂しい。

バックは情に厚くかまってちゃんなところもあるから、レッドの話がめちゃくちゃ気になったでしょう。

 

後でみんなに話しても、家族と言いつつも今は仲良く家族ぐるみで遊んでいますが、「俺たちは大丈夫」という保証はない…

だんだん疎遠になっていくのは目に見えてる…

悲しいことですが、しょうがないですよね。

レッドが病気だったとわかり、「何か出来ることは?」「一緒にいてくれ」という会話が虚しくて…

悲しくなりました。

病気を治すことも出来ないし、ただ死を待つだけなんて…

 

レッドとシンディの話しをマディにしていて、いまだにあのバックがアビーのことを想っているのが意外で!

でも嬉しくなった( *´艸`)

シーズン1からずっと登場がないけど、そろそろアビー帰ってきてくれないかな~?

よく会話では出てくるのに…

 

ヘンはまだチェロ奏者の女の子のことを考えながら毎日を過ごしていることがわかります。

もちろんヘンの性格からはそうでしょうけど、

常に後悔しながらも、誰かの命のために全力を尽くしているヘンは素晴らしいと思います。

毎日誰かの命のために働いていてスゴイです!精神力も体力も強くないとできない。

<スポンサーリンク>



9-1-1:LA救命最前線シーズン3 16話の個人的なみどころ

16話の個人的なみどころは、ラストシーンでマディがバックと姉弟愛を確かめたシーン。

バックが「(マディは)いつも去る側だから、去られる側の気持ちがわからない」と言っていたセリフにドキッとさせられました。

なんか深いし重い!

 

「あなたはレッドと違う。彼には姉がいない」と泣きながらマディが話すシーンが強烈!

「あなたを一人にしない。何があっても」と約束した姉弟愛が半端なく感動するシーンがみどころ!

 

 

【911:LA救命最前線シーズン1】全10話の吹き替え/字幕をフル動画で無料視聴出来ないならココ

2020年8月10日

【911:LA救命最前線】シーズン2全18話の字幕/吹き替え動画が無料で視聴出来ないならココ!

2020年8月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください