【911:LA救命最前線シーズン3】6話『モンスター』のネタバレ・感想!復帰したバックは歓迎されず

この記事では911:LA救命最前線シーズン3の6話『モンスター』について、

ネタバレや感想やTwitterでのコメント、個人的なみどころなど、情報盛りだくさんで紹介しています。

 

前回の911:LA救命最前線シーズン3-5話『レイジ』では、

アメリカで今なお残っている人種差別が問題に。

今でもニュースで騒がれている問題なのでいろいろ考えるところがありました。

<スポンサーリンク>



911:LA救命最前線シーズン3-6話『モンスター』のネタバレ!

ボビーはバックの復帰を認めることに!

しかし訴訟を起こしたことは、局中が迷惑していて…

911:LA救命最前線シーズン3-6話『モンスター』のネタバレはこちら↓↓

ハロウィーンに起こった事件

この日は収穫祭。

子供たちはハロウィーンに浮かれて楽しそう。

ですが、問題児2人がカラスの怒りをかって911。

 

カラスに襲われ、カラスを刺激しないよう救出に向かうボビーたち。

子供たちが石を投げてカラスを怒らせたみたい。

 

チムニーはあのときのカラスがずっとつきまとっているような気がして…

 

アシーナは通報があり、監禁されていた少女を保護し、他の子もいないか捜査開始。

親は子供を地下室に監禁していたんです!

ヘンはニュースを観てこの両親の気持ちがわからなくもないと…w

 

バックは復帰するも外へは出られず

バックが復帰するんですが心配でしょうがないボビー。

アシーナからは「彼を大切に思う気持ちは忘れないで」と助言されます。

 

意気揚々と嬉しそうに復帰したバック。

もちろん同僚たちの態度は冷ややか。

ヘンとチムニーだけが温かく迎え入れてくれました。

 

しかし出動要請があってもバックは留守番です。

ハロウィーンの忙しい日にも、留守番して子供たちにお菓子配りを。

そこでチムニーから助言を受け、辛抱強く外に出してくれるのを待つと前向きになるバック。

 

そんな姿を見て喜ぶボビー。

エディの態度はまだ冷ややか。

 

ヘンはボビーに、バックに仕事を与えてやってくれと言います。

ずっと怒っているエディに謝るバック。

許してくれました。

 

ある女性は車の運転中男性をひきフロントガラスにツッコませたまま。

彼女は頭を打ったためか、全く自分がひいたことも、男性が生きたままフロントガラスにツッコんでいることもわかっていません。

 

バックは帰宅途中にその車を見つけ、一人で運転手の彼女とフロントガラスにツッコんだ男性を救出しました!

ガラスで腕を切ってしまい、病院へ。

ボビーは急いで駆けつけ、完全に復帰させると言われたバック。

 

バレてしまったマディは自分がモンスター?になったと心配に

マディはタラの家にまで入ることに成功。

勝手に部屋を物色して薬の確認をします。

さらに相談できる友達はいるかなどと聞き、自分の身の上を軽く話しますが…

 

後日チムニーとデート中にタラ夫婦と遭遇。

チムニーにも自分のしていることがバレてしまい、彼女に嘘を付いていることを含め怒られてしまいます。

「助けるためなの」と言い切るマディ。

 

スーに呼び出されたマディ。

タラにバレてしまったんです!

家に来たときおかしいと思ったらしく、調べられたマディ。

 

そこでマディはタラに「お願いだから真実を話して」

「話すことなんかないわ!私と夫に近づかないで」と怒って帰って行きます。

 

スーからはカウンセリングを受けるように指示され、仕事も禁止されてしまいます。

そこにとをチムニーに言いますが、マディは優しさからだとフォローしてくれました。

 

 

911:LA救命最前線シーズン3-6話『モンスター』の感想・Twitterのコメント!

911:LA救命最前線シーズン3-6話『モンスター』の個人的な感想や、Twitterでの反応をチェック↓

 

チムニーがカラスに襲われた子供たちを助けに行くときネームプレートを落としますが、まさか6話の後半で伏線回収してくるとは!

脚本家さんやるね~w

6話観てたら普通にカラス怖くなった…むやみやたらに弱いものイジメするんじゃない!

 

それから事故って男性をひいてしまった女性の伏線の回収もありました。

なんか6話は手が込んでる

どうなったのか気になった後伏線回収があってスッキリしました~

バックは復帰することが出来ましたが、というかシーズン3で6話にもなるのに制服着るの初めてじゃない!?

なんだか懐かしい~

局の人たちはみんな冷ややかですが、ヘンとチムニーは優しいな~って思いました。

まああれだけのこと(訴訟を起こす)をすればみんな冷ややかだわ~ってかよく同じ局で復帰できたなって思います。

バックにとってはあそこが家みたいに大事な場所なんでしょうね。

ボビーは普通でしたがどう思ってるんだろう…

やっぱり怒ってる?

アシーナが少女の監禁されていた家に入ったときはほんとドキドキしてしまいました。

めちゃくちゃ怖かった~

ハロウィンということもあり、急になんか出てきそうな家で手に汗握りました!

家汚かったしw

子供を地下に閉じ込めておくなんて親の神経どうにかなってる!

まさに6話のタイトル通りモンスターでした。

<スポンサーリンク>



911:LA救命最前線シーズン3-6話『モンスター』の個人的なみどころ

911:LA救命最前線シーズン3-6話のみどころは、

エディに謝るバック、2人が話すシーンがみどころ。

 

エディはみんなの迷惑とかも考えず、自分のことしか考えてないバックに苛立ったんですよね。

ほんとそれ!なんですが、

ちゃんと自分の非を認めて心から謝ったバックも偉いと思いました。

 

さらにそんなバックをサクッと許したエディも素晴らしい!

いいチームだな~と再認識したシーンでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください