911:LA救命最前線シーズン2の5話をネタバレ!マディ大活躍とエヴァ再登場

911:LA救命最前線シーズン2の5話を視聴しました!

そこで5話のネタバレを紹介していきます。

さらにみどころと感想もあるので最後までご覧くださいね。

 

911:LA救命最前線シーズン2の4では、

チムニーの元カノが再登場したり、カーラが再登場したり、懐かしいキャラが!

バックはカーラを紹介し、エディの息子のクリストファーの面倒をみてもらうことに。

911:LA救命最前線シーズン2の5話 ネタバレ

詐欺をたくさんはたらいている女性。

おばあちゃんの車にひかれてしまいました。

911:LA救命最前線シーズン2の5話についてネタバレはこちらから!

パトカーに乗り人を助けるマディ 911の電話対応はストレス!

すぐに「人をひいた」という911が入り、そこにアシーナが!

「3人の人がわざとぶつかったと証言してるわ」

と彼女は本物のケガをしながら搬送されていました。

 

マディはオペレーターの仕事をし続けていました。

電話はロクな内容がなく、かなりイライラしているみたいです。

 

一緒に働く女性に息抜きの研修を勧められました。

彼女は長い間911のオペレーターをしている女性。

的確に素早く電話の対応をしている姿はさすがです!

 

マディは言われた通り息抜きもかねてパトカーの体験乗車に。

運転席はなんとアシーナ!

マディのことをある程度アシーナは知っていたので、すぐに2人は打ち解けます。

 

さっそくアシーナに無線が入り、マディを乗せたまま現場へ向かいます。

そこは葬儀場。

暴動が起こっていました。

 

ある1人の老人が暴動中急に倒れてしまい、おじいちゃんは人種被害をしていて、触られるのは完全な白人でなければ嫌だと言い張ります(^^;

が、急変し結局病院へ運ばれます(笑)

 

アシーナはマディを連れてランチへ出かけます。

が、行った飲食店はなんだかおかしい…潜入します。

 

すると強盗にあって撃たれたという店員が血を出して倒れています。

マディの出番です。

 

意識を取り戻したんですが、911に電話したのに切られたと言うのです!

 

すぐに戻ったマディは上司に言います。

調べてみると、重鎮のグロリアだとわかりました!

 

ヘンの家族がまた危機に!?元カノエヴァが登場

ヘン家族と一緒に遊びに来ていたボブ。

ボブはボビーが良い男で、良い父親なのが何だか複雑だと胸の内をさらけ出します。

するとヘンの妻、カレンが

「子供たちはちゃんと父親が誰かわかってる」

と言って勇気づけてくれます。

 

ヘンの子供のところに、実の母でもあり、ヘンの元カノでもあるエヴァが!

なんと息子の父親も一緒です!

エヴァ登場回

 

息子デニーの実の父で、「次は法廷で」と言い帰ります。

ヘンの家族は再びピンチに。

 

グロリアは処分されることに。

マディに怒りをみせ、チクったから許さないと言い残し刑務所行きです。

なんとグロリアは離婚してからおかしくなり、8ヶ月も前から何度も電話を切っていたんです!

 

エヴァが連れてきたナサニエルという男は息子の本当の父親でした!

カレンはエヴァがヘンを苦しませたいだけだと言ってヘンの1度の過ちに対し、また怒ってしまいます。

 

ヘンは感情的にエヴァのところへ。

するとまた薬物をやっていたみたいで、意識がありません。

 

ヘンは助けようか一瞬迷いますが、結局電話し、

「仕事だから悪人でも救う。刑務所戻りね」

と言って帰って行きます。

 

ヘンはアシーナにナサニエルのことを調べてもらいます。

犯罪歴とかもなく、善良な市民だとわかります。

 

そこでヘンはエヴァを見殺しにしようとしたということを告白。

「あなたも人間だもの、あなたは良い人よ」

と言って元気づけてくれます。

 

デニーと本当の父、ナサニエルを会わせることに。

ナサニエルは良い人で、ヘンの家族は守られました!

 

911:LA救命最前線シーズン2の5話 感想

911:LA救命最前線シーズン2の5話の感想です。

以前リゾーリ&アイルズでもジェーンの叔父が詐欺をしていましたが、911:LA救命最前線シーズン2の5話でも…(^^;

 

アメリカも詐欺が流行ってるんですね。

人って焦ったら騙されやすくなっちゃいますもんね~

私も気を付けなければ!

 

マディと一緒に働く重鎮はかなり電話を早く判断し、救急車を向かわせたり、パトカーを向かわせたりしているみたいですね!

でもそれ切っても大丈夫なの?って電話も切っていたのでちょっと心配になりました(^^;

判断を急ぎ過ぎるなんて…

 

マディは始め仲良さげにしていましたが、故意に電話を切っていると知り告発!

上司もそれを知ったので結局解雇せざるを得なくなりましたね。

 

確かに彼女の気持ちもわかります。

日本でもそうですが、タクシー代わりに救急車を呼ぶ人、ただ寂しくて話し相手になってもらいたくて911する人と、

本当に必要な緊急の電話が繋がりにくくなってしまうということもあります。

電話を受ける人も、そんなくだらない内容ばかりで仕事が嫌になってしまいますね。

 

また迷惑な電話があるのも事実。

気がおかしくなるのもしょうがないのかもしれません。

グロリアの気持ちもわかりました。

 

911:LA救命最前線シーズン2の5話 みどころ

911:LA救命最前線シーズン2の5話ののみどころは、

マディがグロリアから迷惑電話を受け、助けたシーン。

 

マディは電話を切らないで良かったと思ったでしょうね。

結局グロリアは本当に事故をし、マディに救われたわけですが、ずっとオペレーターとして抱えていた不満を爆発させていて、なんか気持ちが痛いほどわかりました。

 

ストレスがたまりすぎて精神的にもおかしくなってしまったのかもしれませんね。

いろいろ考えさせられたシーンでした。

 

⇒911:LA救命最前線シーズン2-6話 ネタバレ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください