【ハワイファイブオーシーズン1】20話のネタバレ!感想あり

ハワイファイブオー(HAWAII FIVE-O)シーズン1の20話「父の想い」を日本語吹き替えで動画視聴しました~

そこで20話についてネタバレを紹介するとともに、感想やみどころ、また声優さんについても記事にしているため最後までご覧くださいね(^^♪

 

ハワイファイブオー(HAWAII FIVE-O)シーズン1の19話では、

ジェナケイという女性が私的な事情も含めて、スティーブのお母さん、お父さんの事件に関わっている男ウォー・ファットについて調べることがわかります。

彼女はハワイへウォー・ファットを追ってわざわざ来て調べており、スティーブは協力することに。

ハワイファイブオー(HAWAII FIVE-O)シーズン1の20話 ネタバレ

20話冒頭、

ここはオアフ島コオラウ山脈。大自然が広がっています。

スティーブとダニーは山登り?(笑)

 

ウォー・ファットがちょっかいを出してきている様子。

ダニーは罠だと警戒しています。

岩の絵を見に行くと、たまたま崖の下に人がいるとスティーブはロープを使い下へ。

死体でした!

 

ハワイファイブオー(HAWAII FIVE-O)シーズン1の20話は「父の想い」。

どんな内容だったかネタバレはこちらから。

ハイキング中の死体

飛行機かヘリから死体を落としたんじゃないかと思うスティーブ。

スティーブはまずロープを伝って上へ登っていましたが、なんと岩に当たってしまい数メートル下へ落下!

「腕の骨が折れたみたいだ」

 

ダニーは急いで電波が入るところまで下山し助けを呼びに。

スティーブは折れた腕を自分で固定し、死体を調べ始めます。

 

コノはファイブオー本部で家族と電話。

叔母さんの容体が悪いらしいのです。

そこでチンも会いに行くように叔父さんから言われているらしいのですが…

 

そこでダニーからSOSの電話が。

救助のヘリが動くらしいです。

 

被害者はジャック・ルンという53歳男性。

何故かウロコが付いていて、撃たれて死んでいました。

 

ホノルル港で働くサルという男性がジャックと言い争っていたため話しを聞きに。

ヘリも運転できます。

 

コノはショーンという息子に話しに行きました。

 

チンとダニーはサルのところへ。

彼の船には拳銃や麻薬?があり、チンは上手に交渉したため話しを始めたサル。

しかしアリバイがあったためサルはシロ!

 

ウロコはエフという魚だとわかりました。

レストランで仕入れていたところがあったためそこに調べに。

 

コノはチンの汚職問題の裏を知る

コノとチンはもう叔母さんがもたないと聞き叔父さんの家へ。

チンは親戚から白い目で見られていましたが、叔父さんはさほどでした。

もう意識が朦朧としている叔母さんは「私が死んだら叔父さんをよろしく」と頼んでいます。

 

コノは叔母さんから「叔父さんとチンの仲が昔のように戻ってほしい。私が病気になってからチンが警察を辞めさせられて」

と聞き、もしかしたら何か関係があるのかもと思うんですが…

 

コノは「叔父さんなんでしょ?保管庫からお金を盗んだのは。それをあなたが罪をかぶった」

叔母さんは移殖が必要で、叔父さんは闇ルートから叔母さんを手術させ、保管庫から大金をとったということだったんです!

 

「事実を言うのが仕事でしょ?」

「人生割り切れないものがあるんだ」

コノは泣きながらチンに言いますが、チンは家族のためにずっと黙っていたと…

叔父さんはバレれば刑務所行き!!

 

一方魚を仕入れたレストランへ捜査に行ったスティーブとダニー。

魚を調べると魚に弾丸が!

被害者に貫通して魚に食い込んだようです。

 

サルの銃と同じ口径でした。

 

被害者は口封じのため殺された!?

ルンはジェット機の搭乗者名簿をチェックしたいたことがわかりました。

ルンはそこに勤めていて、何かを見てしまったため殺されたんだと予想するスティーブ。

 

もう一つ19歳の女の子を殺した事件があり、その記事を見ていたルン。

搭乗者名簿に犯人の父の名前があり、息子を逃がそうとしてたことを目撃してしまったんですね~

それで父親に殺された。

 

容疑者ドナルド・ラザフォードの家に行ったファイブオー。

家に入ると姿はなく、スティーブはサーモグラフィで床下へ!

「私の息子は怪物ではない」

「罪もない女性を絞め殺して海に投げたんだ。それだけのことをしたんだよ」

 

結局スティーブがお父さんを成敗!

殺人犯の息子の方も捕まりました。

 

そしてみんなで夜ご飯を楽しんでいると、チンに連絡が。

コノに「亡くなったよ」と…

 

ハワイファイブオー(HAWAII FIVE-O)の動画視聴ならココ!

 

ハワイファイブオー(HAWAII FIVE-O)シーズン1の20話 声優

ハワイファイブオー(HAWAII FIVE-O)シーズン1の20話 声優さんについて。

 

ケアコ(叔父さん サブ・シモノー)・・・松岡 文雄

メレ(叔母さん エリザベス・サン)・・・山崎勢津子

ドナルド・ラザフォード(犯人)・・・島香 裕

モリモト(レストランオーナー)・・・茶風林

 

レストランオーナーというかなりのちょい役で茶風林さんという豪華声優さんが(^^;

サザエさんの波平とか、コナンの目暮警部の声の方です。

 

ハワイファイブオー(HAWAII FIVE-O)シーズン1の20話 感想

ハワイファイブオー(HAWAII FIVE-O)シーズン1の20話の感想について。

 

20話冒頭からえらいことになりましたね(^^;

スティーブ崖から落ちちゃうし、死体は見つかるし、腕は折るし…

それにしてもスティーブは自分の腕を折っても超冷静で凄いなと感心しました!

自分で手当てしていて固定までするし、さらに折れた腕でロープを使って崖登りするし。

強すぎ!

 

それと2人でハンキングはダニーとスティーブ安定で仲いいですよね(笑)

なかなか2人で山行くとか無いですよ??

そして死体を見つけるという強運っぷり…

 

チンがなぜ汚職警官として警察バッチをとられなくちゃいけなかったのかの謎が解けましたね!

チンが汚職をしていないということはずっとわかっていたことでしたが、まさか身内のために罪をかぶっていたためだったんてビックリでした。

 

叔父さんはチンが罪をかぶっていることに対してどう思っていたんでしょうか?

叔母さんは薄々感づいていたみたいですが、聞くのが怖いと。

確かにそうですよね。

もともと仲が良かった身内が急にですし、チンが警察を辞めたときのタイミングが良すぎて…

 

一族から恨まれているチンが可哀想だなって思いました。

肩身が狭そうでしたし、みんなウェルカムモードじゃなかったので。

 

ハワイファイブオー(HAWAII FIVE-O)シーズン1の20話 みどころ

ハワイファイブオー(HAWAII FIVE-O)シーズン1の20話、みどころは最後の方のシーン。

 

ファイブオーとカマコナで食事を楽しんでいるとき、ギブスをしているスティーブに店員の女性が話しかけてきてギブスに何か書いていい?

と聞いたとき、スティーブは「俺も書いてないからダメ」っと言ってたのにも笑いましたが、

カナコナが良いこと思いついたと自分も病人のふりしてナンパし始めたのには大爆笑でした~

 

に、してもスティーブモテるわ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください