911:LA救命最前線シーズン1の2話をネタバレ!アシーナが助けたのは空き巣

日本でも大注目の海外ドラマ「911:LA救命最前線」のシーズン1を字幕で動画視聴しました。

そこでシーズン1の2話についてネタバレしていこうと思います。

2話は登場人物それぞれが抱えている問題が浮き彫りになってきますよ~

911:LA救命最前線シーズン1の2話 ネタバレ

911:LA救命最前線シーズン1の1話では、

登場人物それぞれが抱える問題があり、主人公1人がいてという感じじゃないのが魅力的だなと感じました。

1つの事件に携わる人は何人もいて、それぞれの信念や想いが伝わった1話でした。

⇒911:LA救命最前線シーズン1の1話 ネタバレはこちら!

 

2話冒頭、さっそく事件です。

ジェットコースターを楽しみにして並んでいた男の子2人。

1人はおデブちゃんで隣にはジェットコースターを楽しみにしていた友達。

なんと安全バーが開いてなんとスポンと抜けてしまいました!

 

目の前で人を初めて失ったバック

そして緊急連絡で1人地面に叩きつけられ、ジェットコースターに残っている人を助けに向かった救急隊。

落ちかかっていたおデブの男の子をバックは助けようと手を伸ばしたんですが、間に合わず・・・彼は地面に叩きつけられてしまいました。

 

バックは彼を目の前で死なせてしまったことにショックを受けていて、

「人を失ったのは初めてだ。慣れるもんなの?」

「思い入れが強すぎる。現場では命取りになる」とチムニーから諭されますが・・・

 

とそこへヘンがアシーナを連れてきました。

アシーナはまたチャンスをあげると言ってバックを受け入れてくれました。

 

そしてお決まりの出動要請(笑)

 

そのころアビーはこの間話していたバックがジェットコースターの事件でテレビに出演していたのを観ていると、

そこに扉から出られなくなったアルツハイマーの母親が。

それと同時に新しく母親の面倒をみてくれるカーラという女性が出勤。

 

上手にカーラは母親を扉から出してくれました。

アビーはカーラを大歓迎しました。

 

自宅に帰ったアシーナ。

娘が仮病で学校を休んでいます。

 

助けたのは空き巣!?

アビーのところに「犬に襲われているんだ」と緊急連絡が入りました。

アシーナやヘンたちが向かうのですが、アシーナななぜかマック?でチーズバーガーなどを注文していて・・・

 

チムニーは犬が怖かったのか逃げてしまい、ヘンとアシーナが犬の対処を。

キッチンの横にあった倉庫を開け、その中にさっき購入したチーズバーガーを投げ込み誘導!

見事です!

助けられた通報者の彼は「まさに美しき天才だ」と褒め称え感謝を。

 

それを見ていたヘンは、アシーナの旦那は男好きだし、離婚も時間の問題だと言います。

ですがアシーナは自分よりも子供優先みたいで、娘とは1週間もろくに口をきいていないと弱音を漏らしました。

 

そこに車が1台。

男性がこの家に帰宅してきて、「空き巣に入られたようです。しかも犯人は取り逃がしました」とアシーナ。

あの犬に襲われていた男性は空き巣だったんですね(^^;

 

カーラはかなり敏腕家政婦さん?みたいで、お母さんを寝かしつけてくれました。

かなり明るく、アビーもすぐに信用したみたい。

アビーはカーラについつい本音を打ち明けます。

「母のいびきが響く中で一緒にいてもその気になれない」と言われて元カレと別れたんだと打ち明けました。

 

またバックのインタビューの映像がテレビで流れていて、カーラにすぐにバレてしまいます(笑)

「彼が初めて認めてくれた」と1話のときの喜びを言うんですが・・・

 

バックと電話するアビー

そしてカーラからの助言でバックに連絡します。

2人は人の命と隣り合わせな自分たちの仕事について、お互いに励まし合います。

そして「この電話番号にまたかけてもいい?」とバック。

「ええ、なんなら911にかけてもいいわよ」とジョークを言うアビー。

 

助けられなかった彼のお葬式に行ったバック。

妹からは「兄は人生を楽しんでいたわ。なのに助けてもらえなかった」と泣かれてしまいました。

 

女性2人が仕事をしているオフィスで、窓の清掃をしている男が。

なんと目の前でバランスを崩し、宙吊り状態に!

 

急いで向かったバックたち。

彼を救うために自分が動くというバックでしたが・・・

 

戻ったバックとボビー。

自分が元海軍でという昔話をし始め、人を目の前で失った悲しみに打ちひしがれているバック。

そんな彼にボビーは寄り添い、自分も1番初めに助けられなった女性の話しを始めます。

そしてセラピーを紹介したボビー。

バックは素直に紹介してもらったセラピーを受けに。

 

自宅に帰ったアシーナ。

マイケルに「ゲイだと気づいてた。それでもあなたと一緒に人生を歩みたかった。家族がほしかった。今は手放せない」

と涙ながらに正直に心の内を明かしました。

「君の愛で自分は治ると思った」とマイケル。

 

救われたバック。根本的には変わらない(笑)

バックはセラピストに「SNSで友達申請してきた?」と聞きます(笑)

削除してと言った美人セラピストですが・・・

で、結局ワンパターン(^^;

「おかげで元気が出た」とバック。セラピーは必要なかったみたい。

 

アシーナは空き巣の男を追って仕事へ。

見事に捕らえることに成功しました!

 

アビーのところに今度は自殺しそうな男がいると緊急連絡が。

「本気でもないのに飛び降りかよ」「人騒がせな」と隊員たち。

そしてボビーはわざとバックに行かさせます。

 

ボビーは飛び降りそうになっている男に語り掛け、その男は彼女が浮気したんだと勘違いしていたんです(^^;

結局はバックが窓から蹴ってお仕返し、彼を室内へ。

「命を救ったんだ」とまたボビーはバックに自信を取り戻させようとしたんですね。

 

助けることが出来なかった彼の妹がバックを訪ねてきました。

「あなたに謝りに来たの。教会でひどいことを言ってしまって」

兄は引きこもりで、たまたま外に出たことが嬉しかったと。自分のせいだと責める妹。

バックは彼女に優しい言葉をかけます。

 

カーラとお母さん、アビーは3人で食事に。

カーラがまたアビーにおせっかいをやいてバックに電話させるようにしました(笑)

アビーは「若すぎる」と年齢差を気にしています。

 

電話で話した2人。自分がセックス依存症だと思うことを告白しました。

「君は特別な人だってわかる。だから電話だけにしよう」そう言って危険なデートは避けたバック。

アビーは嬉しそうに食事の席に戻りました(笑)

 

帰宅したアシーナ。

娘の部屋に行ったんですが、なんと薬のビンが転がっていて、娘のメイは倒れています!

 

911:LA救命最前線シーズン1の2話 感想

なんか2話はバックにフューチャーされてましたね。

バックはまだ入って4か月の新人だったとはビックリです(^^;

でも初めて目の前で人を失い、助けられず、悔やんでもがいて・・・こんな仕事普通の精神じゃやってられないかもしれませんね。

 

チムニーは切り替えが大事的な意見でしたが、実際じゃ難しいです!

1話ではかなり異端児だったバックでしたが、ちゃんと人の命と向き合って大切にしているんだなって気持ちが伝わってきました。

なんかほっこり。ですがこっちまでモヤモヤ。

難しい問題だなと思います。

 

アビーがバックに電話して、その時に話した内容が印象的でした。

アビーも緊急連絡があって話していると、急に声が聞こえなくなって、そしたらかけてきた人が死んでしまう。

そんな仕事をしているなんてスゴイなと思います。

もう心が追いつかないでしょ!

 

2話はアビーの恋?が気になりましたね。

テレビでバックを見て、あまりのイケメンさにウットリしてたのも可愛かったです(^^)

確かに年齢差があり、バックは若くてイケメン。

アビーはアルツハイマーの母を面倒見るアラフォー・・・

 

これからの展開が気になるところですね。

 

911:LA救命最前線シーズン1の2話 見どころ

911:LA救命最前線シーズン1の2話の見どころは、

2話冒頭のドーベルマンを見事にさばいたアシーナの活躍シーンですね!

 

結果的には空き巣をドーベルマンから救ったわけですが(笑)

でも人の命を救ったことにわかりはなく、華麗なアイディアにあっぱれです。

 

まさかハンバーガーを買って倉庫におびき入れるなんていう考えが出てくるなんて、すごい発想だなって思いました。

見ていて関心すると共にスッキリしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください