相続者たち20話のあらすじ・感想!ウンサンの選択…

相続者たち20話を視聴したので、あらすじと感想を紹介していきますので参考にしてみてくださいね~

しかしまだ動画視聴してない人は本当に面白いので観てみて下さね!

 

相続者たちが無料視聴できる!動画視聴についてはこちら!

 

相続者たち19話では、

家に閉じ込められてしまったタン。

そこへユンドが来てタンは家から脱出!ウォンのところへ行きますがまた冷たい態度で受け入れてくれません。

相続者たち19話のネタバレ・あらすじ

相続者たち20話では、

これから帝国グループのお家騒動はますます深刻化!

それにウンサンにも選択が迫られていて・・・

相続者たち20話のあらすじ・感想はこちら!

相続者たち20話 あらすじ

ヨンドは自分の後ろ盾を使いタンの家に。

会長に「学校の宿題をしに来たんです」と言い、タンの部屋へ。

そしてタンはニュースに私生児だと国中が知ったとわかり、ヨンドの助けを借りて外に!

 

会社の株がタンに渡るということで室長を呼び出したウォン。

室長はクビになったことに対し「私の仕事は父親でいることです。失業したのは副業の方」

と言います(笑)

 

ウォンは「帝国建設の副社長はどうですか?」

と提案していると、そこへタンが入ってきます。

 

「株を今後も使うつもりはないよ」「どうしたら信じてくれる?」

とタン。

「株を全部返しい、アメリカに行って二度と帰ってこなければ」

と言われてしまいます。

 

「また俺を捨てるつもりなのか?」「本当にそう思ってるの?」

と確かめましたが、結局ウォンはまたタンを突き放します!

 

会長に呼ばれたウンサン。

なにか選択を迫られているみたいで・・・

「タンと別れるんだ。君の好きなところへ行かせてやる」

「半月時間をやるからその間に考えるんだ」

と、完全に脅され、ウンサンもまた選択を迫られます!

 

ウンサンたちが抱えていた借金は全て返済されていて、解約金なども会長によって支払われていました!

「何でもお金で解決するのね」とウンサンでしたが・・・

 

「半月の間に、答えを出すまでタンと会いたいだけ会うといい」

と言われ、ウンサンはタンの部屋に。

 

「こんな風に閉じ込められてごめんね。全部私のせい」

「君のせいじゃないよ」「俺がどんな選択をしても信じていてくれ」

「俺はお前しかいないんだ」

「どうしてそんなこと言うの?」

「俺はお前が好きなんだ」

と、ウンサンは泣きながらタンと抱き合います・・・

相続者たち20話では、ウンサンはタンと15日間いくらでも会えるかわりに、会長が決めた国外へ行かなくてはいけないという選択をします。

 

タンが防犯カメラで見ている中、ウンサンは登校。

タンが学校に来てないことをいいことに嫌がらせを受けます。

 

それを見たヨンドは、ウンサンの代わりに仕返しをしようとするのですが、

もちろんウンサンが止めます!

ウンサンはヨンドのその行動で慰められたみたい。

 

自分がまもなく韓国を出ていかなければならなくなったため、

チャニョン、ボナにハグ!

2人は「なんだよ?何があったの?」と言う感じですが・・・

 

そのころタンの部屋には室長が来ていました。

そこでウンサンが留学するというはなしを聞き、会長の元へ。

「これからはウンサンに手を出さないでください」

と淡々とお願いします。

 

学校には記者が待ち受けていて、生徒の中でも注目の的です。

 

タンは登校するとすぐウンサンのところに。

ウンサンの荷物をひっくり返して航空チケットを見つけます!

 

「俺のこと信用できないか?」

と言ってチケットを破り捨てます!

「このチケットは2度と韓国に戻れないってことだよ!」

 

「じゃあどうすればいいの?今行ったらあなたには会えなかった」

「俺の親父は俺がなんとかしたのに!」

「もう俺にはお前しかいないっていっただろ!」

 

「頼むから、俺がいないときに傷つかないでくれ」

と聞き、ウンサンは泣きます。

 

そこへヨンドが入ってきて、タンはヨンドにウンサンを任せます。

 

家族(会長、義理母、ウォン、タン)で食事をとりにレストランに。

ウォンのお見合いの話は進行していて、

さらに帝国建設の社長であるウォンは解任されるというのです!

 

「長男だからと言って優先されるわけじゃない」

と・・・

 

相続者たち21話に続きます!

 

相続者たち20話 感想

いやータンの家族はどんだけギスギスしてるんでしょうか・・・

家族が複雑なのは完全に会長が悪いんですが、ここまでタンもウォンも息子なのに道具のようにコントロールしようとするのか・・・

 

自分が招いた種なのに、上手くいかないのは自分が悪いって思わないんでしょうか!

会長に腹が立ってしょうがない!

 

すごく20話で印象的だったシーンがあります。

ウォンが「お前が隠そうとしている子はすぐに見つかる」

タンは「わかってるよ」「それはどうでもいいんだ。18年間親父と兄さんを死ぬほど愛してきたけど、もうそれも終わり」

「俺に残されたのはあの子だけなんだ」

と・・・

 

なんかウォンの表情を見ていたら切なくなってしまって。

タンをそこまで追い詰めたのは自分のせいでもあるなってウォンは思ったと思います。

胸が苦しくなったシーンでした。

 

ウンサンは結局家から出ていき、タンは学校やバイト先、いろんな所を探し回りますが、

捕まえておくことは出来ませんでしたね・・・

 

もう俺はウンサンしかいないと言っていたのに、あまりにもこの仕打ちはひどすぎる!

ヨンドはウンサンがたぶん居なくなるんじゃないかと思い、付けていましたが・・・

 

ん~どうなんだろう?

21話が気になります~

 

相続者たち21話はどうなる?

相続者たち20話では、

タンの元を離れる感じ?なウンサン。

 

21話ではタンの元を離れ、母親と一緒に海が見える韓国内の田舎へと引っ越します。

ウンサンが消えたと知ったタンとヨンド。

必死に小さな手がかりを元に探し回ります!

 

21話の展開はどうなる!?

切なさ満点で、視聴者も間違いなく切なく、苦しくなっちゃう!

 

相続者たち21話のネタバレ・あらすじ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください