夜を歩くソンビ(士)の日本語字幕を無料で動画視聴するにはここ!

韓国ドラマ「夜を歩くソンビ(士)」の動画を、日本語字幕で無料視聴するならここ!

あらすじや感想についてもふれているので、一緒にそのあたりもご覧くださいね~

 

夜を歩くソンビ(士)は、

韓国若手注目俳優である、イ・ジュンギさん、東方神起のチャンミンさん、豪華共演!!

2016年の歴史ファンタジーアクションも踏まえた、切ない恋愛模様が繰り広げられるこのドラマ!必見です(^^)

夜を歩くソンビ(士) あらすじ

夜を歩くゾンビ(士)のあらすじについて。予告動画をまずはチェック★

朝鮮時代の話。

文官びキム・ソンヨルは友人の世子と王宮を牛耳っている吸血鬼クイを殺すために立ち上がるも反撃に遭い、自分は吸血鬼になり婚約者は目の前で殺されてしまう。

 

それから120年後、ソンヨルは友人の世子が書いた本を探すために本屋のヤンソンに出会う。

ヤンソンは、家族を養うために男装して働くけなげな姿に徐々に惹かれていくが、そんなソンヨルの前に、婚約者だったミョンヒにうり二つなヘリョンが現れる。

 

一方ヤンソンが出会ったもう一人の男性は世孫のユンは父親である世子をクイに殺され王である祖父に背を向けている。

そして、身分を隠して都におり「淫乱書士」と名前を変えてクイを殺すために行動を起こそうとしていた。

自分を獣だと思っているソンヨルはヤンソンを遠ざけようとするも、ヤンソンはどんどんソンヨルに惹かれていく一方で…

 

夜を歩くソンビ(士) 感想

夜を歩くソンビ(士)の感想です!ネタバレ含みます・・・

まずなにより、イ・ジュンギさんがとっても綺麗だった。

吸血鬼役だと言うことで普段より一段と儚い感じのメイクだったから余計に綺麗だが目立った!

そして、ヤンソンのあの、人を思う強さには感動したし、何度傷ついても立ち上がるところは本当にスゴイ!

で、ヤンソンは男装も女装もどっちも似合っていた。

 

ユン役のチャンミンは飄々としているように見せかけて本当は心が傷ついているのがよく分かった。

そして、そのユンははじめはヤンソンに心が動くもヤンソンがソンヨルに気持ちが傾いていることや父親のことで気持ちは伝える事ができなかったが、王妃と心が通じ合ってよかった!

 

ヘリョンもはじめは母と自分を守るためにクイに付いていたが、ユンの気持ちへ返すたびにどんどん気持ちが流れて最後は悲しい結末だったけど、心が通じてよかったと思う。

そう思うと、クイは人間の心が欲しいと思っても手に入れられなかったから一番可哀想なのかも知れないと思う。

 

クイははじめは嫌いだったが、最後はなんとも言えない感情になった。

最後は、ソンヨルがヤンソンを迎えにきてくれて良かった。

 

夜を歩くソンビ(士)の無料動画視聴ならここ!

夜を歩くソンビ(士)を無料視聴するならここ!

字幕で動画を無料視聴するには、違法サイトでないと視聴出来ません・・・

それに全話は配信されておらず、スムーズに視聴することが出来ませんね・・・

 

違法サイトはウイルス感染したりするので怖いし、画面が小さかったりと不便です。

 

無料で歩くソンビ(士)を字幕で動画視聴したいなら、U-NEXTがオススメ!!

全話動画配信があるし(歩くソンビ(士)は字幕のみ)ウイルス感染することもないから安心♪

31日間無料で動画視聴できて、日本のドラマなんかも見放題です♪

 ↓↓ ↓↓

 

U-NEXTは登録するだけで見放題!

期間内に解約すると、料金が全くかからないため無料で動画視聴できるんですよ~

動画を視聴するなら無料で観たい!!でも中国などの無料サイトで視聴すると、字幕もないし、動画のない話数もある。

それにウイルス感染も怖いですよね!?

 

でも大丈夫です!!

「U-NEXT」は動画配信サービスをしているのでそれが全く心配ありません!スムーズに動画を視聴することができます!!

 

なんと今なら31日間無料でお試し視聴でき、登録・解約するにはたった1分で済んじゃいます!!

 

管理人も無料トライアルを利用してドラマの視聴をしたことがありますが、31日以内に解約しても、全く料金がかかることはありませんでした。

無料トライアル期間がいつまでしているかわからないので、お得に試せるときがチャンスです!!

 ↓ ↓ ↓ ↓



 

※2017年9月現在の情報です!配信が終わっている場合もあるので、一応U-NEXTのHPで動画配信があるのかチェックしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください